iPhone7sなどに虹彩認証が採用されるという噂の根拠とは?

iPhone7やiPhone7 plusの後継機種と言われているiPhone7sやiPhone8の新しい認証システムは、指紋認証システムと共に虹彩認証システムが採用されると噂されています。指紋認証システムは既にiPhone7やiPhone7 plusに採用され、パスコードを入れることなく、まさに「指先1つ」でiPhoneのロックを解除やApple Storeで買い物が出来るなど、非常に便利なシステムとしてiPhoneユーザーに受け入れられています。しかし、指紋認証システムは、寝ている間に第三者にiPhoneのロックを解除されることや、操作性に少々難点があったことが指摘され、指紋認証システムの不備を補う新システムが待望されてきました。

 

その待望のセキュリティシステムとして噂されたのが、iPhone7sなどの次世代iPhoneに搭載されるという虹彩認証システムです。虹彩認証システムは、iPhone7sなどで目を撮影して読み取った虹彩情報を登録・マッチング処理を行うシステムです。具体的には、iPhone7sに登録された虹彩情報と、iPhone7sのロックを解除する際に撮影した虹彩情報を照合し、双方に齟齬がなければiPhone7sのロックが解除されるというものです。iPhone7sなどで採用される虹彩認証システムは指紋認証システムよりも操作性に優れ、更に指紋認証と同等の認証率を誇るため、iPhoneファンからも次世代iPhoneに是非搭載して欲しいという要望も多くあるようです。

 

iPhone7sなど次世代iPhoneに搭載されると噂の虹彩認証システムですが、実際に噂の根拠となる様々な事実もあるようです。一体iPhone7sなどに虹彩認証システムが搭載されるという噂の根拠とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sに虹彩認証システムが搭載されるという噂の根拠 その1:Apple社が虹彩認証のための国際商標登録を行っている

Apple社は数多くの国際商標登録を行っている企業ではありますが、中でも「Iris Engine」や「Iris Image Engine」などの虹彩認証とおぼしき国際商標登録を行っているようです。Irisとは日本語で「虹彩」を指しますので、いよいよApple社が虹彩認証システムを搭載させるのでないか、という噂も全くのデタラメとは言えませんね。

実際、既に富士通やSamsungなどのスマートフォンでは、虹彩認証に対応した機種が発売されています。Apple社のiPhoneシリーズは、この流れに後れを取っている形になっていますので、新機種であるiPhone7sやiPhone8に搭載されてもおかしくはありません。むしろ先陣を切っている富士通やSamsungよりも高性能な虹彩認証機能が搭載される可能性も高いと言えるでしょう。

iPhone7sに虹彩認証システムが搭載されるという噂の根拠 その2:台湾サプライヤーが製造準備を開始している

台湾メディアのDigiTimeの報道によりますと、台湾の半導体メーカーであるXintec社が2017年モデルのiPhone(iPhone7sかiPhone8?)に向け、虹彩認証チップの製造を準備し本格的な増産を開始するようだ、と伝えています。しかもXintec社は、2016年8月から2017年3月の期間で、1,677万ドルの設備投資費を税務当局に申告しているとの情報もあります。この設備投資費はiPhone7sなどの虹彩認証システムに使用するチップを製造するためではないか、とも囁かれているようです。

上記の噂の根拠を総合すると、Apple社が虹彩認証システムを採用しようとしていることや、そのシステムを次世代機であるiPhone7sやiPhone8に搭載する可能性が高いことが推測できます。火のない所に煙は立たぬ、のたとえ通り、Apple社がiPhone7sなどで新技術の搭載を発表する日は近いのかもしれませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ