iphone7のRAM容量の大容量化

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7予測情報 >  iphone7のRAM容量の大容量化

iphone6sおよび6splusのRAM容量は非公開となっています

しかしiphone6および6plusが1GBであったことからiphone7および7plusの容量アップは高性能化に必須となっていますので、2GB以上といった容量が見込めるかもしれません。iPhoneのRAM容量は、アンドロイドスマートホンと比較しても処理速度が速いという結果が出ています。

その理由としては、アンドロイドの場合にはガベージコレクションという処理をしなければなりませんが、iPhoneはそのガベージコレクション処理をする必要がないので、少ないRAM容量でも処理が早いということになっています。そこで、iphone7および7plusのRAM容量はといいますと、4GBという大幅なRAM容量アップをしてくる可能性があります。

それはアンドロイドスマートホンを置き去りにするような性能を持たせて、iPhoneの新しい時代としたいからかもしれません。それでもアプリを立ち上げたままではいくらRAM容量アップが図られても効果が発揮できません。そこで、RAM容量を常に多く確保するためのメモリ開放用アプリを紹介します。アプリの性格としては、起動アプリを少なくしてバッテリーを長持ちさせるアプリで、Max Speed、サクサクfor iPhone、BCPARK Speed Patch Proなどがあります。ご自分に合ったアプリでRAM容量の有効活用を図ってください。

お花を写真撮影

関連記事はこちら

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ