iPhone7sのバンパーにはどれくらい種類がある?

iPhoneシリーズ初期の時代には単純に端末側面をカバーするだけのバンパーケースが主流でしたが、iPhoneの進歩とともにバンパーケースも年々進化を遂げ、当初指摘されていた数々の弱点を克服するより便利で使いやすいタイプがリリースされるようになりました。最新のiPhone7sではバンパーケースにどのような工夫が凝らされているのでしょうか。オーソドックスなタイプはもちろん、近い将来注目されるであろうニューフェイスもふくめて御紹介します。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

弱点も次々に克服!進化をつづけるiPhoneのバンパーケース

iPhoneの側面や四隅を頑丈にガードできる反面、液晶画面や背面の保護という意味では心もとないイメージのあるバンパーケース。カバーする範囲だけを見ると使いにくいようにも思えますが、弱点は他のアクセサリーを併用することで充分に補強可能です。まず、バンパーケースを使ううえで必須なのが強化ガラスフィルムですね。通常の保護フィルムよりも衝撃吸収性が格段にすぐれており、iPhone7sを画面割れの恐怖からしっかりと守ってくれます。背面専用のガラスフィルムを同時に貼っておけば表面、背面、側面とあらゆる角度からの衝撃に強いiPhoneをつくることができ、一般的な保護アクセサリーを使っているiPhone7sよりも数段高いレベルの耐久性を手に入れることができます。古いタイプのバンパーケースは通信を行う部分まで覆ってしまうため、時として電波がつながりにくくなるなどのトラブルが報告されていましたが、その弱点もすぐにクリアになり、スリットを空けて側面を完全にカバーしないタイプやTPU素材の使用によって電波の干渉を最小限にとどめたタイプなど、より完璧に近いバンパーケースがリリースされるようになってきました。

iPhone7sリリース前に訂正したい!バンパーケースの誤解と思い込み

カバー範囲を最小限にとどめたバンパーケースには、その利便性が広まった今もなお、「耐久性に問題があるのでは?」という誤解が残っているようです。確かにバンパーケースは、他の保護アクセサリーのようにiPhone端末をすっぽり覆ったり頑丈にガードしたりするわけではありませんが、端末の四隅はとくに衝撃に弱い部分であり、そこを重点的にカバーするバンパーはきわめて合理的な発想のアクセサリーと言えるのです。バンパーケースのもうひとつの役割に放熱作用があります。iPhone端末は高機能化が進んでいるゆえにたとえ短時間の使用でも膨大な量の熱を蓄えやすいと言われています。端末が極端に蓄熱するとオーバーヒートを起こし、バッテリーの消耗が激しくなるだけでなく最悪の場合は爆発事故などにもつながりかねません。iPhone7sではこれまで以上にハイスペックになると見られるため、できるかぎり放熱をさまたげない保護アクセサリーの使用が必須となります。

iPhone7sの蓄熱をふせぎバッテリー効率を良くするという意味では、バンパーケースほどすぐれた保護アクセサリーはありません。そのうえ、最も衝撃に弱い端末側面をカバーするということで耐久性も保証されています。液晶画面用の強化ガラスフィルムなどと組み合わせれば、iPhone7sはさらに衝撃に強い端末へとグレードアップすることでしょう。

iPhone7 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ