【便利アプリ】iPhone8でワードはどう変わる?使える?

ビジネスの場では今やオフィスという概念がなくなり、iPhoneやタブレット上でどこにいても仕事を進められる時代になりました。iPhone8でも当然のようにワードやエクセルに対応していると見られており、これまでよりもさらに快適にファイルの閲覧や編集が可能になると期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

文字が大きければそれでいい?ワードでつくる広報資料のポイント

ビジネスでワードを使う場面といえば広報資料の作成でしょう。文書作成がワードの真骨頂ですから、レイアウトを画面上で自在に変更することで見やすい広報資料に仕上げることができます。企業の広報資料では文字のレイアウトや配色が何よりも重要で、場合によっては読ませたい部分のフォントサイズをあえて小さくして印象を強める、などの工夫が必要になります。遠くからでもタイトルとリード文程度は充分読めるほどに文字サイズを大きくするのはもはや基本ですね。自社製品の紹介、印刷された広報資料の出来映えによってその後の営業利益が左右されるといっても過言ではありません。広報資料にはつい商品の良いところばかりを詰め込みたくなりますが、あわせて短所や使いにくいところも書いておくと読む側の印象が良くなります。固い文章ばかりをだらだらと並べるのではなく、本当に伝えたいことを箇条書きにし、ポイントをページごとに区切るなどの配慮が資料作成では重要になります。

ハンディキャップがあっても安心!ワードを使いこなしてどこでも仕事

iPhone8のワードアプリを必要としているのは、仕事に追われるビジネスマンばかりではありません。障害のある方々にとっても、iPhone8のワード機能を使いこなすことは健常者と同じ条件で働き収入を得るうえで欠かせないツールとなります。iPhone8でワードなどのOffice機能が使えればもはやオフィスという概念がなくなり、体力的な都合や物理的な距離によるハードルを無視して純粋な能力のみで仕事をこなすことができます。企業側もハンディキャップをもった人の雇用に積極的に取り組み、今後はiPhone8などのIT機器を駆使した、オフィスにとらわれない働き方を推進する意向を見せています。

iPhone8がワードをはじめとするOfficeアプリに対応することはほぼ確実です。処理能力が格段に向上したiPhone8なら、大容量の文書ファイルでもフリーズせずに読み込むことができ、端末上で手軽に編集することが可能です。ビジネスではあらかじめワード文書の効果的な作り方を覚えておくことで、より訴求効果の高い資料作成につながります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ