iPhone8が縦長になったわけ

iPhone8は今までのiPhoneに比べて、縦長になっているのですが、なぜこのような形になってしまったのでしょうか。また、縦長にすることでいろいろなメリットがあれば、当然デメリットも存在しています。主なメリットやデメリットも一緒に見ていきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

主なメリット

iPhone8の形をよく見ると、今まで発売されてきたiPhoneシリーズのスマートフォンに比べて、縦長になっている傾向にあります。このような形になることで、当然メリットがたくさんあるからこそこのような形になったのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットとしては、表示に使用できるエリアが広くなるという点です。

縦長になるということは、今まで表示するのにスクロールしなければいけなかった部分が、そのままの状態で表示できるため、1度に多くの情報量が得られます。また、iPhone8でもいろいろなアプリを利用できるのですが、アプリの中にはスマートフォンを横にする場合もあれば、縦にする場合もあるでしょう。この場合にも縦長になってよかったと思えるような恩恵が受けられるのです。

主なデメリット

iPhone8が縦長になったことで、いろいろなメリットが得られる反面、デメリットも存在していると言えるでしょう。どれだけ優れている物であっても、必ずデメリットが存在しているのです。重要なことは、どのようなデメリットがあるのかを知った上で、うまく活用することでしょう。そこでiPhone8のデメリットを見ていきましょう。

縦長という形になったことでどのようなデメリットが発生するのかというと、画面の端に指が届きにくくなるというデメリットがあるのです。縦に長いということは、それだけ指で操作する範囲が広くなったことを意味しています。ある程度指の長い人であればよいのですが、どうしても届かない場合には、持っている場所を変える必要が出てきてしまうのです。

縦長になった理由はカメラレンズにある

iPhone8が縦長になった理由というのは、カメラにあると言ってもよいでしょう。スマートフォンにカメラ機能が付いているというのは、現在では当然と言えるのですが、iPhone8のカメラは今まで発売されてきたiPhoneシリーズの横長になっているレンズとは違い、縦長になっているのが特徴です。

カメラが縦長になることで、iPhone8の本体も縦長になったと言えるでしょう。しかし、iPhoneシリーズの中でも、今まで1度だけカメラレンズが縦長になったことがあるのです。それがiPhone4なのですが、このときもやはり本体は他のスマートフォンに比べて縦長でした。iPhone8はiPhone4と似たような形状になっているのが特徴です。

iPhone8が縦長になった理由はカメラにあるのですが、他にも理由があります。それはiPhone8のメリットの欄でも触れているように、ホームボタンを無くして全面がディスプレイになるように設計したことにあるのです。これによって画面が広く使用でき、より多くの情報を簡単に閲覧することができるようになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ