iPhone8でTouchIDの仕様がスムーズに決まらなかった理由

iPhone8にはいろいろな機能が付けられているのですが、どの機能もすぐに付けられることが決まったというわけではありません。中にはスムーズに決まらなかった機能も存在しているのです。その1つがTouch IDなのですが、この機能については賛否両論あり、導入するかどうか長時間検討されたと言われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDとは何か

iPhone8に導入されるTouch IDという機能があるのですが、これはどのような機能なのでしょうか。Touch IDというのは、簡単に言えば指紋認証センサーのことです。登録されている指紋をかざすだけで、簡単にログインができるという機能になるのですが、かなり最先端の技術だと言えるでしょう。

指紋というのは誰1人一緒の人はいないので、その人のみログインできるという機能になっているため、パスワードが外部に漏れて悪用されるという心配もありません。ログインするためのIDやパスワードというのは、自分で覚えておく必要もあるので、忘れてしまった場合にはかなり面倒になるため、今後はいろいろな物に導入されるでしょう。

なぜスムーズに決まらなかったのか

指紋認証センサーであるTouch IDですが、なぜiPhone8にすぐ導入されることが決まらなかったのでしょうか。その理由はいくつかあるのですが、最大の理由は個人情報の漏えいです。パスワードやIDがいらなくなるのだから、より個人情報の保護が強化されるのではという意見もあります。

しかし、指紋認証センサーを悪用されてしまった場合、その人に成りすまして犯罪行為を行うこともできるようになるのです。通常犯罪が発生すれば、当然警察は指紋を採取するのですが、もし悪用された場合、悪いことをしていないのに指紋が発見されたことで逮捕という事件に発展することもないとは言えません。

メリットも多いけれどデメリットもある

iPhone8への導入が検討されているTouch IDですが、とてもメリットが多いので、採用するべきという人もたくさんいたのです。しかし、悪用されたときの危険性がとても高いので、すぐに決定できなかったと言われているのです。そのため、セキュリティ面での課題が残っていると言えるでしょう。

他にも設定が面倒というデメリットもあるのですが、他にはあまりデメリットはなく、メリットがとても多くなっています。だからこそiPhone8へ導入されることになっているのですが、やはりデメリットが少ないとは言え、万が一のときの被害が大きくなることから、すぐに導入することにはならなかったのでしょう。

iPhone8でも採用されると言われているTouch IDには、とてもメリットがたくさんあるのです。しかし、万が一誰かに悪用された場合のデメリットがかなり大きくなることから、今後はデメリットをいかに防ぐのかが課題となっています。この課題さえクリアできれば、今後はスムーズに導入されることになるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ