iPhone8のサイズを他のモデルと比べてみると、、、

スマートフォンは手軽に使用できることが魅力なので、やはりサイズはとても気になるでしょう。新しく発売されるiPhone8は、どれぐらいのサイズになるのでしょうか。そこで今まで発売されてきたiPhoneと、新しく発売されるiPhone8のサイズと比べてみることで、大きいのか小さいのかを判断できるようになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のサイズはどうなっているのか

iPhone8のサイズがどれぐらいになっているのかは、すでにインターネット上に情報が出ています。重さはまだよくわかっていないのですが、高さは143.59ミリだと言われています。高さというのは、長さと同じ意味だと思ってください。次に幅ですが、幅は70.94ミリとなっています。

最後に厚さですが、厚さは7.57ミリになっています。このようにiPhone8のサイズを見てみると、ある程度の大きさがわかってくるでしょう。また、他の種類のiPhoneと比べてみることで、どれだけサイズが異なっているのかというのもわかってくるのです。ただし、他の種類と大きく変わってしまうということはありません。

iPhone7とサイズを比較してみる

他のiPhoneとiPhone8を比較してみることで、どのようなサイズになっているのかがある程度分かるでしょう。そこでiPhone8の前作でもあるiPhone7と比較をしてみましょう。iPhone7は高さが138.3ミリ、幅が67.1ミリ、厚さが7.1ミリとなっています。これだけ見ると、iPhone8よりもiPhone7の方が小さいことがわかるでしょう。

もちろんサイズが小さければよいというわけではありませんが、やはりポケットやバッグに入れて持ち歩く以上は、サイズは小さい方がよいという人もたくさんいるのです。厚さと幅に関しては、iPhone8とiPhone7にそれほど大きな違いはないのですが、高さはある程度の開きがあることがわかるでしょう。

iPhone8より大きな種類も存在している

iPhone7に比べて、今度新しく発売されるiPhone8の方が大きくなっているのですが、iPhone8より大きな種類は存在していないのかというと、実は存在しているのです。それはiPhone7Plusと呼ばれている種類と、iPhone6Plusと呼ばれている種類が最も大きなサイズになっています。

しかし、この最も大きなサイズのiPhoneに比べると、iPhone8は小さくなっていると言えるでしょう。実際寸法通りに長方形の形を紙に書いてみると、どれぐらいのサイズの違いがあるのかはっきりとわかります。他にも重さが気になる人も多いでしょうが、重さに関してはそれほど大きな違いはないと言えます。

スマートフォンのサイズは小さい方がよいという人がたくさんいると言えるでしょう。しかし、あまり小さすぎると操作が難しくなりますし、画面が小さくなってしまうので、小さすぎてもいけないと言えます。このような点を考慮したサイズにするように、いろいろと検討されたことは間違いないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ