強度勝負!iPhone7 VS iPhone8

2016年に発売されたiphoneと言えばiphone7です。2017年秋に発売が予定されているのがiphone8です。ここでは、iPhone7とiPhone8を比較していきます。ドリラがいいのか悩んでいるのであればぜひ参考にしてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

画面のサイズが違う

iPhone7とiPhone8は画面の大きさが異なります。2017年に発売される新型となるiPhone8には有機ELディスプレイが搭載することが予定されています。さらにディスプレイを覆っているベゼルも極細になると考えられているので、画面の大きさが異なると予想されます。有機ELディスプレイにすれば液晶よりもサイズを薄くすることが出来るので、iPhone8はかなり薄くなることが考えられるのです。

iPhone7は金属製のボディiPhone8は強化ガラスのボディ

iPhone7はiPhone5から続いている金属製のボディをしています。初めてiPhoneが登場したときから考えるとかなり強度はあがっています。iPhone8の方は全体的に今までのモデルよりも薄くなると考えられています。薄くなると強度が落ちるような気がしますが、iPhone8は強化ガラスによって覆われることになります。強化ガラスであれば少しぐらい落としても傷がつくこともありません。衝撃にもかなり強いので今までのモデルと比べて強度はアップするでしょう。もちろんiPhone7と比べても強度はあがると考えられます。薄型でありながら強度も高くなると考えられています。

ホームボタンの違い

iPhone7には従来通りの形式としてiPhoneのホームボタンが画面の下部分にあります。しかし、iPhone8ではこのホームボタンがなくなると噂されているのです。ホームボタンは不具合が出やすい部分です。ホームボタンを押しても動かないなどの故障が出やすいこともありました。iPhone7ではこのホームボタンをなくすことが予想されているので、ホームボタンが壊れる可能性がゼロなのです。

これらから考えてもiPhone7よりもiPhone8の方が強度が増していると考えられます。

2016年に発売されたiPhone7と2017年秋に発売が予定されているiPhone8はどちらが強度があるのでしょうか?iPhone7は金属製のボディiPhone8は強化ガラスのボディとなっていますからどちらも強度がありますが、iPhone8の方が薄型であり、なおかつ前面を強化ガラスで覆われることになるので、本体に傷がつきにくく少しくらいの高さから落としても衝撃に強いと考えられます。さらにiPhone8はホームボタンがなくなることも予想されていますから、ホームボタンが不具合を起こすこともなくなります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ