iPhone8の電源ボタンに「Touch IDセンサー」?

世界中のiPhoneユーザーが注目する、次世代機のiPhone8。発売日すら未定の状態ですが、そのデザインや機能について、色々と噂されています。今回は電源ボタン部分にTouch IDセンサーが付けられるのでは!?という噂について、その真偽を予想してみたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ホームボタンが廃止される?

今までのiPhoneでは、ホームボタンにTouch IDセンサーが内蔵され、ホームボタンに指をあてることでロックの解除などが行えるようになっていました。しかし今後新しく販売されるiPhone8では、このホームボタン自体が廃止され、前面ディスプレイに埋め込まれるのではないかという噂が立っているのです。これは当然正確な情報ではありませんが、ここまでに流出した写真や図面を見る限り、確かにディスプレイが大きく、ホームボタンはなくなっています。このことから、Touch IDセンサーが別の場所に付くのでは?と予想されているわけです。

アップル社が特許を取得!

元はホームボタンと一緒にディスプレイに内蔵されるのでは、という意見と、背面に付けられるという意見に分かれていましたが、最近では電源ボタンにセンサーが付くのではないか?という噂も広まっています。数年前アップル社は、指紋認証機能を搭載したボタンについて特許を取得しているそうです。すでに他社のスマホでは、電源ボタンに指紋認証機能を内蔵させた機体もあるため、この技術を使用すれば、それほど難しいことではないと言われています。

どんな風に指紋認証するの?

電源ボタンに指紋センサーが内蔵された場合、上手く指紋を読み取るために、従来よりも電源ボタンが少し縦長になることが予想されます。逆に言えば、指紋さえ読み取ることが出来れば、電源ボタンとTouch IDセンサーが同じ場所にあったとしても、とくに問題ないということです。ただ片手で操作している時、電源ボタンは指が触れやすい場所であるため、操作性が悪くなる可能性もあるという憶測も飛び交っているようです。

いかがでしたか?今回はTouch IDについて考えてみました。やはりアップル社というのは常に新しいことに挑戦し、時代を先取りしていくイメージがありますよね。だからこそTouch IDがどこに付くのか!?ということに関しても、様々な予想がされているのでしょう。発売時期やそのデザインなど、確実な情報が出るのを楽しみに待ちたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ