iPhone8の薄さはどれくらい?iPhone7と比べると?

すっきりとスリムな薄さも魅力のiPhoneですが、次回発売されるiPhone8はまたさらに薄くなるのでしょうか?それともバッテリー問題などの関係で厚さがアップすることも考えられます。そこで、iPhone7とiPhone8の厚さを予測の数値で比較して解説します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7はどのくらいの厚さ?

現在発売されているiPhone7の全体のサイズは、縦138.3mm×幅67.1mm×薄さ7.1mmとなっておりこれまでのiPhoneシリーズの中ではかなりの薄さを誇っています。しかしそれゆえにバッテリーが小さくせざるを得ず、電池の持ちが悪くなってしまったという面も持っています。

ではiPhone8になればさらに厚みを削って薄くすることを追及しているのか、または薄さはこれ以上を求めずバッテリー容量などを優先する形をとるのか気になるところでしょう。

iPhome8の厚さ予想

iPhone8に予想されているサイズとしては、縦143.59mm×幅70.94mm×薄さ7.57mmという説があります。流出した画像から予測されたサイズなので、割と実物に近い数字なのかもしれません。この数字を見てみると、わずかですがiPhone7よりも厚くなっているようです。1mm以下の厚みのため、手にしてみるとiPhone7とそれほど変わらないと感じてしまうかもしれないでしょう。

ほんのわずかな大きさの変化の中でバッテリー容量のアップがあるとすれば非常に楽しみなことではないでしょうか?

iPhone8は4mmの薄さというウワサも

昨年の段階では、iPhone8がさらに大幅削減をして薄さがたったの4mmという今までにない厚みで発売されるのでは?という情報がありました。この数字だけを見ると、iPhone7の半分近い厚みという驚きのサイズではないでしょうか?

これだけ思い切った厚さのダウンでは信じられないかもしれませんが、コンセプトイメージではこの薄さが紹介してあったということから4mmという薄さになる可能性もありそうです。

現在の段階でiPhone8の厚さとして考えられているのは、7.57mmと4mmの2種類です。前者の場合はほんの少しだけiPhone7よりも厚さがありますが、後者の場合はiPhone7の半分近い厚さとなります。ここまで大幅な厚みカットができればこれまでに発売されている他社のスマホとも大きく差をつけることになりそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ