【気になる噂】iPhone8でもカメラの出っ張りは消えない?!

iPhone8にはさまざまな新技術が加わると言われていますが、iPhoneユーザーからするとカメラの性能やデザインなども気になるところですよね。大幅なリニューアルとバージョンアップが期待されるiPhone8のカメラですが、ここではiPhoneユーザーにとって気になるカメラの出っ張りがどうなるのか、デザインや機能がどうなるかについてお話します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

カメラのデザイン

従来のiPhoneはすべて横向きにカメラレンズが配置されるようなデザインでしたし、それは現行モデルであるiPhone7でも変わりません。ただ、iPhone8ではカメラが二つのデュアルレンズを搭載するカメラにLEDフラッシュがセットになったものになると言われています。縦向きに配置されるようですから今までとは見た目が大きく異なりますね。なぜ垂直型のデザインになったのかということですが、これは撮影時の奥行きを測りやすくするためだそうです。

搭載される新しい機能

カメラにどのような新機能が搭載されるかというのも気になるところ。iPhone8のカメラにはさまざまな改善点や新機能が加わるという噂がありますが、まだ噂レベルの話もたくさんありますからどれが本当なのか判断が難しいところですね。ただ、光学手ぶれ補正機能やオートフォーカスが搭載されるのではないかと言われていますし、望遠レンズが改善されるのではないかとも言われています。また、3D顔認識システムや3Dセルフィーといった機能が追加になるのではという話もありますね。

気になるカメラレンズの出っ張り

iPhoneは基本的にカメラレンズが少し出っ張ったデザインとなっていますが、iPhone6sでは少々目立たないようにしていました。しかし、iPhone7になってからはまた出っ張りを強調したようなデザインとなりましたし、iPhone8でも同様に出っ張りは残ってしまうのではと言われています。カメラレンズの配置が垂直型となりますが、よりはっきりとしたアシンメトリ形状になるとも言われていますね。

iPhone8に搭載されるカメラの新機能や気になる出っ張りについてお話してきましたが、噂レベルの話も多いですからあくまで予想として読んでくださいね。ただ、デュアルレンズを二つ搭載するという話はかなり信憑性が高いようですし、出っ張りがそのまま残るというのもほぼ確定した情報のようです。いずれにせよ今後の続報に期待しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ