iPhone8!ギリギリまで削ったベゼルレス化が凄い!

iPhoneシリーズは美しいディスプレイも魅力的でしたが、iPhone8はさらにその上をいこうとしているといわれています。それは、ディスプレイのベゼルレス化でした。ギリギリまで削ってよりディスプレイを広くする試みがiPhone8では行われるらしいというウワサについて調べていきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ほぼスクリーン化する?

現在iPhone8のディスプレイに関する流出画像を見てみると、ほぼふちのなくなったデザインが多くなっています。中にはまったくふちのない、完全にベゼルレスとなったディスプレイの画像も登場しているほどです。

これまでのiPhoneではホームボタンがあり、前面にも縁が大きくとられていました。当然その分ディスプレイの大きさは小さくなってしまうのですが、ふちが小さくまたはなくなることでコンパクトなボディでも大きな画面を取ることができるようになります。そのおかげで前面はほぼスクリーン化することも可能になるでしょう。

センサー部分を除いてディスプレイに?

前面のふちも全てなくなってしまえばより広くディスプレイとして使うことができ、コンパクトなボディでも有効に使えるように感じますが、カメラや赤外線センサーなどの機能の部分はどうしても残しておく必要があります。そのため、おそらく上部の真ん中あたりはセンサー機能の部分としてディスプレイ化されず残ることになるでしょう。

このウワサは、既に発売されているiPhone8用のアクセサリーの中でガラススクリーンプロテクターを見ると確実性が高くなるはずです。そのアクセサリーの上部にはセンサー用の穴があけられているからです。
もしこのセンサー部分までディスプレイ内蔵になるようなことがあれば、いよいよ完全にフルスクリーン化したディスプレイが叶うことになりますが、今回はそこまでの期待はできないようです。

今のところウワサされているiPhone8のベゼルレス化されたディスプレイについてまとめると、ふちは極力小さくしてできるだけ広くディスプレイがとれるようにされているようです。前面すべてを使ったフルスクリーン化は期待が薄く、カメラなどのセンサー部分だけは前面上部に残されている可能性が高いでしょう。

それでもこれまで発売されたiPhoneシリーズに比べれば大画面化することは期待できるので、より見やすくなることが予想されます。あとはどの程度までふちが細くなってくれるかに期待してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ