iPhone8のバッテリー駆動時間は?

あらゆる機能がますます充実するiPhoneシリーズですが、それにともなって必要になるのが電力でしょう。実はiPhone7ではバッテリー容量が小さいために駆動時間が短くなってしまいました。

ではさらに機能が新しくなると言われているiPhone8ではバッテリー駆動時間は大丈夫でしょうか?気になるiPhone8のバッテリー関連の情報を解説します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

駆動時間が1.5倍になる?

あらゆる新機能を搭載すると予測されているiPhone8ですが、バッテリーの駆動時間もこれまでより長くなり、1.5倍ほどになるのではないか?と言われています。その理由としてバッテリーの大容量化や有機ELディスプレイ採用による省電力化があげられるでしょう。

これまでのiPhoneシリーズよりも小型化されると言われているにも関わらず、バッテリーが大容量になることを不思議に感じるかもしれません。ですがこれは、基盤を高密度化することによって実現するらしいのです。コンパクトな上にバッテリーの持ちも良いとすれば、確かにこれまでのiPhoneを覆すような端末になることでしょう。

iPhone史上最長とも

空きスペースを有効活用しバッテリー容量を増やすことはiPhone8で初めて行われることではなく、すでに他のスマートフォン関連で使われている技術です。そのためiPhone8にも取り入れられる可能性は高く、採用しても成功すると期待が持てるのではないでしょうか?

このバッテリー駆動時間の延長が実現すれば、iPhoneシリーズの中では最も長い駆動時間を持つことになるとも期待されています。

その分本体が高額になる?

バッテリーの高密度化、大容量化といったあらゆる技術を使うことでその他の新機能ともあわせるとコストが大きくアップしているのではないか?との意見もあります。コスト増は価格にも直接影響する可能性が高いので、iPhone8の販売価格がより高くなるかもしれません。

今のところのウワサには、iPhone8では今の1.5倍駆動時間があるバッテリーになる、高密度化により大容量を実現、その分本体価格があがるといったものがあります。採用の可能性が高い、有機ELディスプレイの採用も関係してバッテリー駆動時間が長くなれば、あらゆるアプリを複数使ったり長時間音楽を聞いたりする時も充電を気にせず楽しみやすくなるものです。1.5倍のバッテリー駆動時間を実現に期待しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ