iPhone8の充電時間は、どのくらい短縮された?

iPhone8の発売が予測される中、やはり気になるのは充電時間なのではないでしょうか。そこで、今回はiPhone8に進化した場合、どれくらいの充電時間になるのか予測してみます。充電を上手に活用すれば、より便利に使えることは間違いないです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の充電時間

iPhone8の充電時間は、従来に比べて短縮されると予測されています。しかし、どれくらい短縮されたのか知りたいという方も知りたいでしょう。まず、iPhone8は性能が向上する分、必要となる充電の量も多くなると予測できます。ただ、従来のシリーズよりも長持ちする頑強なバッテリーを採用することによって、充電時間はより今よりも早くなると考えられます。また、充電に必要なプラグタイプを変更することによって、よりスムーズな充電が可能となりました。それによって、高速充電も可能となり、時間は従来に比べて、1.2倍以上は早くなると予測できます。まだ予測の範囲ですが、充電時間は数時間で100%になるほどでしょう。日常生活で利用する分には、まったく問題ない性能だと言えます。

どれくらいの時間持つのか

充電が早くても、充電の持ちが悪ければ意味がありません。iPhone8に関しては、バッテリー増量によって、駆動時間が従来の1.5倍ほどになると言われています。それによって、長持ちするスマホとしての代名詞を獲得できるでしょう。従来のものに比べて1.5倍も駆動時間が長くなるというのは、相当大きな差があると言えます。従来のパーセンテージが100%だったものが、150%になったと思えば、その違いは歴然だと言えます。特にバッテリーの性能に関しては年々向上しているので、シリーズの中でも、相当良いものになることは容易に想像できます。ただ、一つの懸念としては、バッテリーが増量したということは、それほど充電に必要な時間も必要となるのではないかという点です。

日常生活で使う分には問題ない

iPhone8の充電時間に関しては、おそらく多くの方は就寝時に充電して、翌朝に充電を終えるということが多いです。ただ、充電時間は感覚的に3時間~4時間前後だと言えるでしょう。もしかしたら、もっと早くなるかもしれません。そう考えると、iPhone8はさらに便利なものになると言えます。ただ、100%の充電のまま、充電を続けていると良くありません。近年他のOSでも増えてきた充電の超過分をどのようにするかについては、バッテリーへの負荷と一緒に考えたいところです。

iPhone8の充電時間は、以前に比べて1.2倍ほどは短縮されたと予測できます。ただ、バッテリー増量によって、相対的には従来のシリーズとそこまで違いを感じないかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ