【気になるニュース】iPhone8の新機能・デザイン・スペック

iPhone8のニュースが飛び交う中で、期待度が高まるiPhoneユーザーも多いでしょう。そんな中で気になるのがデザインやスペックはもちろん、新機能についてです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone10周年に相応しいデザイン・スペック!

2017年はiPhone誕生10周年です。そのせいか、情報が解禁される前から今までにないデザインやスペックになるのではないかという噂が出ていました。iPhoneユーザーの予想通り、iPhone8は画期的なデザインやスペックが搭載されています。顔認証システムやガラス製の本体など、多くの人の心をくすぐるスペックとなっています。しかし、まだ一部の機能は製造が追いついていないという声もあがっており、iPhone販売の定番となっている9月にiPhone8が発売されるのか不安視されています。

iPhone8はフルディスプレイ!

iPhone8はフルディスプレイ仕様となっています。もともとベゼルが細くなるという噂は出ていましたが、公開された写真を見ると、その噂が真実だったことが伺えます。ディスプレイ部分が大きくなったことで、快適にアプリなどの操作も行うことが出来そうです。画面がフルディスプレイになるのが、一番ユーザーにとっては嬉しいことかもしれませんね。

ワイヤレス充電可能!

iPhone8の新機能の中でも一番驚くのが、ワイヤレス充電が可能になるということです。他のメーカーもワイヤレス充電機能を採用していますが、iPhone8でついに初のワイヤレス充電が出来るのではないかと予想されていますね。充電パッドに置くだけで充電が出来るようになれば、コードの不便さもなくなりますし、より一層快適に充電をすることが可能となります。しかし、ワイヤレス充電など、いくつかの機能についてはまだまだ問題が多いとされており、それらをいかにしてクリアしていくかが課題となりそうです。

新機能やスペック、デザインについてはまだまだ不透明な部分は多いですが、もし噂通りに9月発売となれば、そろそろ情報が解禁されていくことでしょう。中には新機能によって、ユーザーにとっては悲報となる部分もあるようです。それは画面修理さえもappleへの持ち込みが必須になるかもしれないことです。今までのiPhoneも画面を交換するとTouch IDが使用できなくなっていましたが、フルディスプレイになったことで非正規の業者ではなく、appleの方に持ち込まなければいけなくなる可能性が高いのです。画面割れなどで毎回バックアップを取らなければならなくなる、appleに予約を入れたりなど、ただの画面修理であっても長い期間待たされる可能性も出てきています。そういったことに関する発表はまだされていないので、どうなるか注目したいところですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ