【リーク】iPhone8でこう変わる!バッテリーが激長持ち?!

iPhone8の噂の中で、一番多く目にするのはバッテリーが長持ちするというものです。有機ELディスプレイ搭載により、現行のiPhoneよりは数段長持ちになるとApple情報に詳しい人が予測しているようです。まだ予測の域を超えない状態ですが、今までも多くの予測を踏襲して来た人だけに、その予測の信ぴょう性は高くなっているようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

バッテリーが長持ちになる最大の理由は?

バッテリーが長持ちになる最大の理由は、やはり有機ELディスプレイ採用でしょう。省電力性能にも優れている有機ELディスプレイを採用することで、現行のiPhoneより格段にバッテリーが長持ちするということを実現させているようです。まだApple社からの正式発表ではありませんが、限りなく事実に近いものなのでしょう。iPhoneは使い方によりますが、バッテリー消費が激しいという人もいます。そういう人にとっては、今回の有機ELディスプレイ採用による省電力性能に優れたiPhoneというものは重宝するでしょう。

どれくらい向上する?

Apple社が情報解禁したわけではありませんが、一説によると50%ほど向上すると言われています。基盤の高密度化によって空いたスペースにバッテリーをL字型で配置し、それによって従来のモデルと同等の本体サイズのまま、バッテリー容量を向上させることに成功したと予測されています。iPhone7が1960mAhに対して、iPhone7plusは2900mAhです。この向上率を見ると、更に上がっていると見て間違いはないでしょう。

バッテリー接続時間は?

残念ながら、バッテリー接続時間は予測されていません。しかし、バッテリーが長持ちするということも接続時間の向上の可能性も高いですね。どちらにしても、今回のiPhone8はバッテリー面だけではなく、様々な点から画期的な機種になるのは間違いなさそうです。

iPhoneが進化するにつれて、問題とされていたのがバッテリーについてです。高スペックになればなるほど、バッテリー消費量は激しくなるため、利用者もバッテリー切れなどに苛立たせられたことも少なくはないでしょう。しかし、今回のiPhone8からは劇的にバッテリーが向上する可能性が高いため、そういった苛立ちからも解放されるのではないでしょうか。現時点では限りなく濃厚な予想でしかありませんが、正式に発表されれば、どのくらいの稼働時間なのかも公開されるでしょう。今回は特にワイヤレス充電などの噂もあるため、バッテリーに重きをおいた仕様となっているかもしれませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ