iPhone8で実装予定されていた「A11」生産に暗雲か

iPhoneの動作に欠かせないのがプロセッサであり、iPhone8においてはA11プロセッサが採用されると思われています。ところが、iPhoneに欠かせないA11プロセッサの大量生産に暗雲が立ち込めているという噂もあります。どういうことか調べてみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8に必要なA11プロセッサとは?

プロセッサとはコンピュータの命令を実行する機能を持っていますが、iPhone8に搭載されるのはかなり優秀なA11プロセッサです。A11プロセッサは、従来のプロセッサよりも性能面で優れているだけでなく、プロセスチップをより微細化したことによって、iPhone本体を小型化することに寄与しています。A11プロセッサは高い技術力によってつくられているものであり、本体を小型化しているだけでなく、CPUの処理能力も上げているので、iPhoneの充電の持ちを良くするという力もあります。iA11プロセッサはPhone8がより優秀な機能を持つためには欠かせない部品の一つです。

A11プロセッサの量産体制に課題が

iPhone8は2017年の発売を目指して世界各国で部品の供給や生産体制を取るようにされています。しかしながら、そのなかでA11プロセッサについては、台湾のサプライヤーからテスト生産の結果が思わしくなかったという話が出てきています。そのため、また6月や7月に新たに体勢を立て直してA11プロセッサを生産しようとしている話などもあります。

iPhone8は予定通りに生産されるの?

A11プロセッサはiPhone8に欠かせない部品であるため、その量産体制の確立は、iPhone8の販売にとっては急務です。しかしながら、iPhone8の遅延は以前から噂されており、A11プロセッサのテスト体制の結果だけが原因ではありませんでした。それだけでなく、iPhone8で新たに採用される有機ELディスプレイの加工問題や、3Dセンサーをプロセッサし、ディスプレイに埋め込む際の問題など、課題はたくさんあります。そのため、iPhone8が予定通り生産されるかというのがユーザーにとって気になるところです。

iPhone8のA11プロセッサは、iPhoneの動作に欠かせない部品の一つですが、その量産体制の遅れが取りざたされています。iPhone8はそのほかにも量産体制に関して課題がありますので、発売時期にも影響を及ぼす可能性もあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ