【総まとめ】iPhone8のでかさや重さ、スペックやデザインまとめ

iPhone8の情報はかなり出てきております。しかし出過ぎているのも事実なので、それらの情報をひとまとめにしてでかさや重さ、そしてスペックやデザイン等の情報を一挙に記載していきたいと思います。果たしてどのような仕上がりが予想されているのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のでかさや重さについて

最初はiPhone8のでかさや重さなどのサイズについての情報をまとめていきましょう。iPhoneのサイズについてはある程度の情報があります。現行のモデルであるiPhone7とiPhone7Plusはディスプレイ4.7インチ・高さ138.3mm・幅67.1mm・厚さ7.1mmとディスプレイ5.5インチ・サイズは高さ158.2mm・幅77.9mm・厚さ7.3mmになっているのですが、iPhone8はiPhoneやiPadの情報をリークしているベンジャミン・ジェスキン氏の情報によると高さ高さ143.4mm・幅70.77 mm・厚さ7.51 mmと予想されております。

これ以外の情報ではiPhone7とiPhone7Plusの間の大きさになると言われているので、その情報通りといえるサイズになっているようです。ただし、コンパクトな仕上がりになると言われているので、サイズはこれよりも一回りほど小さくなる可能性もあります。

重さに関しての情報はほとんどありません。ただしサイズなどの情報から見るとiPhone7よりは重くiPhone7Plusよりは軽くなることが予想されております。

スペックやデザインはどうなる?

次にスペックについてですが様々な噂があります。たとえば、Lightning端子を廃止してワイヤレス充電のみを採用するとか、目の虹彩を認識してロック解除などを行う虹彩認証を採用するとか、指紋認証「Touch ID」の代わりに3D顔認証「Face ID」に切り替えるとか、iPad Proにのみ搭載されているスマートコネクタ―を搭載するように作り上げるとか、様々な噂があるのです。

RAMはiPhone7s等と同じく全モデル3GBとなり、ROMはおそらく64GBと256GBが用意されるでしょう。ディスプレイは有機ELディスプレイやペゼルレスを使うなど、いろんな噂が飛び交っており絞るのは難しいでしょう。

デザインについてですが、アメリカメディアのBGRがiPhone8のモックアップの画像を提供しており、表面と背面は完全にガラスで覆われたデザインとなって、本体前面がすべてディスプレイになってホームボタンはディスプレイに埋め込まれるようになるという情報もあります。

まだまだ噂段階な部分もありますが、もし9月発売という噂が本当ならば、今までのデザイン情報などはもはや変更不可能な状況だと思われます。製造工程などを考えればすでに量産体制に入っていないとおかしいので、ここからの変更は考えにくいのです。しかしこれが2018年にずれ込むのなら、スペックなども大きく変わってくると思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ