【新技術】もう熱いのはサヨナラ?iPhone8の初熱対策特許

スマートフォンやiPhoneが進化するたびに永遠と突き付けられている課題は、熱対策です。どんなに高性能であったとしても、一瞬で高熱になってしまうような機種では長時間使うことができませんし、動画などの容量を使う機能を使うたびに熱に対する警告が出るのではイライラも積もります。しかし、iPhone8にはこの熱に対する対策があるというのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の発熱対策は何?

いろいろと問題となることの多い発熱対策ですが、どんなに高性能なものでも発熱量が多すぎるものは使い勝手が悪いと評価が一気に悪くなります。実際に発熱している状態で長時間放置するとバッテリーの消耗度が急激に上昇するので、近いうちに充電してもすぐにバッテリーが切れてしまうようになるでしょう。
そんな状況を回避するために、アップル社はiPhoneの発熱対策の特許を取得しています。その内容は複数の素材を組み合わせた熱伝導性の高いグラファイトシートを用いることで、iPhoneにたまった熱を外に移動させるように逃がすという機能です。要するに、放熱効率を上げて熱がこもらないようにしたということでしょう。
特にワイヤレス充電という斬新な儀重を使うことで、熱がこもるのではないのかと危惧する声も上がっておりましたが、とあるアナリストもそれらの最新技術をいかんなく使えるように、グラファイトシートがiPhone8には搭載されると予測しておりました。

リチウムイオンバッテリーを使うなら熱対策は必須

あらゆる機械において大敵なのは水分や熱です。精密機器や機械がベストコンディションで使えるのは常温が基本なので、熱すぎる環境になるのは絶対に避ける必要があります。渡航に、電子機器のほとんどに使われているリチウムイオンバッテリーは熱や衝撃に非常に弱いので、高熱にさらされ続けると膨張や爆発の危険性すら出てしまうのです。そのため、熱対策は急務となります。
実際に、これらの熱関連のトラブルは大事故につながりかねないので慎重に動く必要があるのです。特に、次期iPhone8はより高性能となって筐体の素材がガラスに切り替わるといわれているので、熱がたまりやすく排熱しにくい可能性があるのです。なので、iPhone8には熱伝導性の高いグラファイトシートの使用が強く期待されているのです。

iPhone8には「3Dタッチ」機能の搭載のためにフィルムセンサーなどを搭載するといわれておりますが、こちらも熱との相性がすこぶる悪いといわれているので、排熱処理対策が必須であると解説するアナリストが多くいます。高性能すぎた場合どうしても排熱が追い付かなくなるといわれておりましたが、この排熱でiPhoneも苦しんでいることがよくわかります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ