iPhone8や7でも視聴可能に?!フルセグを見る方法

今やテレビは「移動中に見る時代」になりました。iPhoneでテレビを見る方法といえばこれまではワンセグにかぎられていましたが、iPhone8ではフルセグにも完全対応になると言われています。フルセグ対応になることによってiPhone8ユーザーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。今回はiPhoneビギナーの方のためにワンセグとフルセグの違いについてもまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8でワンセグやフルセグを視聴する方法

iPhone8でフルセグを楽しむ方法はひとつではありません。もっとも手っ取り早いのは専用アプリを外部からインストールする方法で、ほとんどの番組を無料で視聴できるメリットがあります。ただ、無料のため合間に広告が入るのと各番組に視聴制限がもうけられているデメリットがあり、「好きな番組をテレビと同じ感覚で楽しみたい!」という場合は付属のチューナーおよびアンテナを接続する必要があります。この時、フルセグにこだわって視聴したいなら必ずフルセグ専用のチューナーを購入しましょう。コストは多少かかりますが、チューナー内蔵で録画もできる機種を選べばわざわざ付属アンテナを取り付ける手間もなくなります。自分がどのタイミングでフルセグを楽しみたいのかをよく考えたうえで、コストバランスの釣り合う方法を選びましょう。

ビギナー向けに解説!ワンセグとフルセグの違いって?

ワンセグとフルセグ。どちらもテレビ放送の形式を表す用語ですが、ビギナーの方には違いがちょっとわかりにくいかもしれません。ワンセグもフルセグも、送り出される内容そのものに変わりはありません。ただ、電波を送受信するにあたってどれくらい広い道を確保するか、という違いによってワンセグとフルセグの見え方が変わってきます。専門用語では電波が通る道のことをセグメントといい、13個用意されているセグメントのうちのひとつだけを利用する方式をワンセグ、12個のセグメントを使う方式をフルセグとよんでいます。フルセグのほうがより多くのセグメントを使用するため細かい色彩表現などにも対応でき、画面がきれいに映ります。ワンセグとフルセグの違いがはっきりとわかるのは解像度です。フルセグはワンセグの10倍以上の解像度を実現しているため、それだけ画質が良くなり、音質もクリアになります。画質にこだわるのであればフルセグのほうが断然有利ですが、視聴中はiPhone8のバッテリーを過剰に消耗してしまったり、機種によっては異常に蓄熱してしまったりと、考慮すべき点がいくつかあります。ワンセグのほうがiPhone8本体への負担が少ないので、画質や音質にそれほどこだわらなければそちらの選択肢もあるかもしれません。

iPhone8で快適にフルセグを視聴するには付属の専用チューナーやアンテナが必要です。コスト的に余裕があればすべてを内蔵している機種を選ぶのもひとつの方法でしょう。手軽さを優先し、広告や視聴制限が気にならないのなら外部アプリをインストールするのも選択肢としては有力です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ