iPhone8でTouch IDの埋め込みが難航した理由

iPhone8リリースにあたり、少々製造が難航しているといる情報が出回っています。理由は、Touch IDの埋め込みが難航したためだそうです。これまで、Touch IDはホームボタン部に存在していましたが、今回のiPhone8より画面内部に埋め込まれる仕様になるためです。ではいったい、なぜこの埋め込みが難航したのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch ID埋め込みが難航したといわれている理由

Appleの製造部やデザイン部門の社員でない限り、製造の進み具合は詳しく分かりません。であるにもかかわらず、事実Touch IDの埋め込みが難航しているといった情報が広く出回っています。もちろん、ただ想像だけで語られている噂などではなく、信憑性の高いソースがあるためです。

理由は、発売時期の延期です。従来、下半期のiPhone新製品発売は9月が慣例でした。ところが、今年2017年にあたっては、iPhone8のみ10月になるといわれています。そしてその理由こそが、Touch IDの備わっていたホームボタン部分の埋め込みが難航しているためなのだそうです。Apple社ほどの大手が延期せざるを得ないともなれば、結構な難航度合いが予測されます。

結局Touch IDはどこへ?

ホームボタンが埋め込まれる位置としては、従来あった位置とさほど変わりません。ただ、ホームボタン部分もスクリーンになっているため、画面内部に隠れた仕様になるといわれています。とはいえ、Touch IDも一緒に埋め込まれたわけでもありません。なぜなら、その場合ガラス面に邪魔されて、Touch IDの認証精度が落ちてしまうためだそうです。

これこそが、難航の具体的な理由であるといわれています。そして結果出された結論は、Touch IDの廃止だったそうです。これまでTouch IDを愛用していたユーザーとしては、iPhone8は少々物足りなくも感じられてしまうかもしれません。

新たな認証機能

前述でTouch IDがなくなることで寂しく感じられるかもしれないとご紹介しましたが、そこまで心配はいりません。なぜなら、Touch IDに変わる新たな認証機能が搭載されると予測されているためです。主には、顔認証と虹彩認証の2種類です。指紋同様の生体認証であるため、スマートかつ先端的なイメージは損なわれませんし、またそれどころかより未来的にすら感じられることでしょう。製造難航により発売延期となってはいるものの、仕上がりには大いに期待しておいて問題なさそうです。

iPhone8のデザインにおいて、ホームボタン埋め込みで、Touch IDは廃止されるといわれています。それにより発売時期も1ヵ月ずれ込むことが予測されており、Apple内部の人間でなくとも難航度合いが窺えるといったところです。ですが、それに変わる新時代の認証機能が付加されると予測されているので、期待は大いに持てます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ