Edyにも対応?iPhone8の電子決済周りを徹底調査!

おサイフケータイへの完全対応がひとつの目玉となっているiPhone8.iPhone7ではSuicaやごく一部の電子マネーに対応しているだけで、正直なところ日本国内での使い勝手はあまり良くありませんでした。iPhone8では楽天系列のEdyにも対応し、ショッピングでの利便性がさらに向上すると期待されていますが、実際のところはどうなるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のおサイフケータイでできること

Suicaにかろうじて対応した感のあるiPhone7に対し、iPhone8では日本国内でおもに使われている主要電子マネーにも対応し、おサイフケータイとしての機能がさらに強化されると見られています。これによって、「おサイフケータイが使えないからiPhoneは選択肢に入らない」というユーザーにも目を向けさせることができ、国内でのさらなるシェア拡大につながると予測されています。言い換えれば、おサイフケータイに対応していないことが従来のiPhoneにとって大きな弱点であったと考えることもでき、その部分が解消されたことでハンディはほぼなくなったと見ることができます。とりわけ楽天Edyはすでに全国数千規模の加盟店と提携しており、ポイントによる還元サービスも充実しているため、Suicaと併用して保有しているユーザーも少なくありません。そうした国内の情勢を見据えておサイフケータイの対応範囲を拡大させたiPhone8はやはり先見性があり、ユーザーの利便性を最優先に考えていることがうかがえます。

iPhone8とandroidのおサイフケータイの違い

おサイフケータイはすでにandroid端末が完全対応しています。このことだけを考えると、「おサイフケータイはandroidで充分では?」と思われがちですが、決してそうではありません。androidとiPhoneシリーズのおサイフケータイでは、その仕組みや基本的な考え方に大きな違いがあります。androidのおサイフケータイは、大ざっぱに言えばSuicaやEdyなどのカードを端末に取り込み、端末本体からその都度データを読み出すかたちで決済が行われます。それに対しiPhone8のおサイフケータイは端末そのものにカードを取り込むのではありません。ユーザーから見てわかりやすくなるように便宜上カードが埋め込まれているようなイメージになっていますが、実際の決済データはすべてクラウドサーバーに保存されています。つまりiPhone8では、クラウドサーバーとの間でデータがやりとりされるのです。カードそのものを端末に保存するわけではないため機種変更による再登録も不要であり、その点でも大きなメリットがあります。

日本国内でも電子マネーとして安定したシェアを維持する楽天Edyへの完全対応が確実視されるiPhone8.これによっておサイフケータイにも本格参入することになり、androidの利便性によりいっそう近づくことになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ