iPhone8では性能が進化したデュアルカメラが搭載予定?

iPhone8では改良された高機能なデュアルカメラが搭載される事により、人気を高めています。はたしてどのようなスペックや機能になるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneに標準装備予定のデュアルカメラとは

2つのカメラレンズを持つカメラの事で、iPhone8では搭載される予定になっています。カメラが2つになるとどのような良いことがあるかと言うと、画素数に関係なくより鮮明な画像に仕上がりますし、明度などの調節により適度のぼけが加味されてふわっとした柔らかい写真に仕上げる事もできます。一方を広角に一方を望遠にする事もできますし、3DCG写真にする事ができます。製造費用も比較的リーズナブルに収まる事からiPhone8を初めiPhoneの標準装備になる事は確実です。実際大手カメラ専門メーカーを押さえて使用頻度が最も高いカメラとして評価された事もありますから、今後旅先に重たい一眼レフカメラをかついでいく必要もなくなるかもしれません。

iPhone8搭載のデュアルカメラはさらに高性能

2つのカメラを駆使して高額質画像を写せるというだけでもカメラ業界では先駆的な事なのに、iPhone8ではさらに一歩前をゆく機能が追加されており話題を呼んでいます。デュアルカメラの優れている点は引き延ばしても鮮明さを失わない点です。実は2017年にiPhone6のデュアルカメラで写したビルボードの巨大広告が世界中の著名なビルに貼られて話題を呼びました。いつかデジカメや一眼レフカメラに取って代わる時代が到来するかもしれません。iPhone8ではこのデュアルカメラが縦に設置されますから、ストレスなく写真撮影をする事ができる点も人気を支えています。従来とは大きく違った改良点もいくつか追加されています。その1つは光化学手ぶれ補正機能が著しく向上している点です。広角レンズと望遠レンズの両方に搭載されますから、通常どおりの美しい写真を撮る事ができます。

デュアルカメラには他にも追加されている機能

縦に配置された理由の1つは3DCG写真を撮りやすくするためであり、もう1つは奥行き感を正確に体現しやすくなるためです。使い勝手がいかに改善されているかは実際に手にとって使ってみた時に初めて実感できるでしょう。他にも様々な改善点が追加されていますが、カメラファンにとって見逃せないのはCGカメラで臨場感あふれる飛び出す画像を体現できる事に加えて、拡張現実と言われさらに臨場感を増した多次元世界を堪能できる機能です。仮想現実はすでに映画やゲームおよびテレビなど身近な電気機器への導入が進んでいますから、すっかりお馴染みのものになっていますが、拡張現実はさらに一歩前を進む次世代向け映像機器であり、これから様々な分野へ進出していこうという未開発な世界です。特にゲームに親しむ人には楽しみがつきないぁアイテムとなるはずです。セキュリティー機能の一部とされる虹彩スキャナーや3Dセルフィーおよび3D顔認識も大注目です。

昨今はカメラ機能がどんどん向上して高機能な携帯端末が続々と出始めていますが、iPhone8のカメラ機能はカメラの技術をこれまでにないほど向上させる画期的な機能が満載です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ