ガラス張りのiPhone8!損傷から守るには?

スタイリッシュでミニマルなデザインを良しとするAppleですが、新製品iPhone8では、またさらなる改革がおこなわれるのではと予測されています。それは、全面ガラス張り仕様になるのではという噂です。裏面の金属部すらも廃止し、未来的なフォルムになること必至といったところです。ですが、そうなると気になるのが、落下や衝撃による損傷ではないでしょうか。ただでさえひびの入りやすいiPhoneなだけにどのように損傷から守れば良いのか、気にしておくべきです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

一般的なスマートフォン端末における損傷の対策

全面ガラス張りの新iPhoneとはいえ、従来広く出回るスマートフォン端末のひとつに他なりません。そのため、以前までのiPhone、さらにはその他スマートフォンと同様の損傷対策も、もちろん有効です。代表的な方法としては、ショック吸収に優れたスマホカバーを使用する、ポケットなどに携帯せず、バッグで保管しておく、純粋に扱い時には注意を払うといったものが考えられるでしょう。コンパクトで便利な存在だけに、つい軽快に使いこなしたくなるところかもしれませんが、高度かつ高価な精密機器に他なりません。丁寧に扱うべきです。

iPhone8だからこその損傷対策

肝心のiPhone8の損傷対策については、どのように取り組めば良いでしょうか。全面ガラス張りの美しさが印象的なiPhone8なだけに、こだわり派のユーザーとしてはケースなしで持ちたいと考える人も多いことでしょう。事実、近年は細かな傷程度なら気にすることなく、そのままの状態で持つスタイルが流行ってきてもいます。ですが全面ガラス張りのiPhone8については、やはり傷どころか大きな損傷も気になるところですので、しっかり専用ケースに収めておくことをおすすめします。

また、この「専用である」という点もポイントです。スマートフォン端末はいずれもサイズが似ているため、他の製品向けケースであっても収まる場合があります。ですがこの場合、落下の危険も高まります。iPhone8向けのもの、さらにはApple正規品にこだわるなどして、徹底してみてはいかがでしょう。

実はそこまで損傷の心配はいらない?

全面ガラス張りによる損傷の危険性上昇は、もちろんApple側も把握しています。2013年におこなわれたある調査では、iPhoneにひびが入っている割合は23%にも上っていると出たほどだったそうなので、iPhone8に関してはより一層危惧しているに違いありません。

その点、いくつかの対策がなされるのではと予測されています。たとえば、強度を大幅に高めたガラス素材の使用や、特殊なコーティング加工です。これらはAppleの特許情報にて予想されており、使用されている確率は高いといわれています。全面ガラス張りなだけに、従来以上に損傷対策も施されている可能性が高いというわけです。

iPhone8を損傷から守るのであれば、専用ケースがおすすめです。従来までのスマートフォン保護と同様の方法ですが、やはりこれに越したことはありません。若干美観に難が感じられるかもしれませんが、保護できるに越したことはないでしょう。とはいえ、強化ガラスの導入や特殊コーティングといった独自の対策も予想されているので、そこまでの心配はいらないかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ