【意外な大きさ】新型iPhone8は予想以上にコンパクト?!

iPhoneなどの携帯機器において非常に重要なのがサイズです。このサイズは人によって乾燥が大きく異なる部分で、万人に受け入れられるものなど存在しないでしょう。そのため、新機種iPhone8ではどうなっているのかを気にしている人は大勢います。コンパクトになったという噂もありますが、果たして本当なのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のサイズはどうなりそう?

iPhone8のサイズの情報は実かなり出回っており、ある程度情報も収束しているようです。現行のiPhone7はディスプレイ4.7インチ・高さ138.3mm・幅67.1mm・厚さ7.1mmでiPhone7Plusはディスプレイ5.5インチ・サイズは高さ158.2mm・幅77.9mm・厚さ7.3mmとiPhone7よりも一回り大きくなっております。iPhone8はこのiPhone7とPlusの中間のサイズになるという予想が一番広まっているのです。

ただし、こちらも噂の範疇ではありますが、5.8インチ有機ELディスプレイを搭載されるといわれているので、どうやらかなりコンパクトな仕上がりになると多くの方々から噂されるようになりました。

この情報の大本となっているのはKGI証券Ming-Chi Kuo氏によるものですが、このリーク者曰くディスプレイ下部にファンクションエリアを設けることで、実際の有効領域は5.8インチでは無く5.15インチ程度になると予想されるという言葉もありました。

画面サイズはやっぱり大きい方がいい?

ディスプレイというのはやはり大きい方が良いという意見が圧倒的に多いですが、ディスプレイを大きくすると言うことはそれだけ機種そのもののサイズが大きくなる可能性が大きく、その大きさを嫌って我慢しているという人も多いでしょう。現行のiPhoneでも画面サイズについては色々と工夫がされておりますが、コンパクト化しての活用もiPhone8あたりが限界になってしまうかもしれません。

将来的にはディスプレイサイズが大きいが軽くて使いやすいモデルも多く登場するでしょうが、今でも昔と比べると遙かに軽くて携帯機とは思えないくらい大きめのディスプレイを要しているので、これ以上コンパクトに仕上がるというのはなかなか想像がしにくいものがあります。

コンパクトな仕上がりは多くの方々が求めているものではありますが、限界が近いのも事実です。ここからさらに上の領域に進むためには、より薄くより軽くという方向に進化するのでしょうが、逆に軽すぎると違和感を覚える時代に突入してしまうかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ