【特許申請中?!】iPhone8はwifi経由で充電ができるとの噂

iPhoneシリーズの初期の頃からユーザーの間で根強い待望論のあったワイヤレス充電も、iPhone8でようやく本格導入のきざしが見えはじめています。iPhone8におけるワイヤレス充電の仕組みとメリットについて検証していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8でのワイヤレス充電実装は遅すぎる?

これまでにリリースされた古いシリーズのiPhoneでは、ワイヤレス充電の実装にあまり積極的に取り組んでこなかった経緯があります。開発チームがシンプルにワイヤレス充電の利便性を軽視してきた、というのが最も有力な理由であるらしく、Apple側もそれについては認めています。要するに開発の優先度が低いということで、ものすごく大ざっぱに解釈すれば、「充電コードを買えば用は足りるでしょ?」ということになるのでしょうか。これではあまりにも乱暴すぎるので、もう少し真面目な分析をくわえると、仮にワイヤレス充電をiPhoneで実装するならどうしても本体にある程度の厚さが必要となるため、「シンプル・イズ・ベスト」を創業以来モットーとしてきたAppleにおいてたとえわずか1ミリであっても本体が厚くなることは許せなかったのかもしれません。

iPhone8を買う前に!ワイヤレス充電の基本から解説

充電コードがいらない、ということがiPhone8におけるワイヤレス充電の意味であり、より具体的には付属品の専用スタンドにiPhone端末をセットすることでコードにつながなくても充電が可能になります。ワイヤレス充電のテクノロジー自体は、すでに実用化段階に入っています。にもかかわらずなぜiPhone8まで待たされたかというと、ひと言で言えばApple側の都合です。設計の都合からいえば、ワイヤレス充電を実装するとそれ専用の回路をそのためだけに組み込むことになり、少なからず生産コストがかさむことになるので、Appleのほうはワイヤレス充電に乗り気ではなかったと言われています。また、一部の噂では、ワイヤレス充電にしてしまうと充電コードが付属品として必要ではなくなり、少しでも利益を確保したいがために本格導入を先のばしにしてきた、という憶測も飛び交っているほどです。さすがにこれはうがった見方でしょうけれど、iPhone8にはその発売時期をふくめ、さまざまな都市伝説が渦巻いています。

技術的に見てもワイヤレス充電はすでに実装可能な段階であり、ユーザーからの支持も根強いことから、ついにiPhone8から本格的に導入されるという見方が強まっています。2017年という記念の年にあわせてワイヤレス充電の実装するつもりだったのではないかと指摘する専門家もおり、iPhone8がAppleにとっていかに重要度の高い製品であるかがうかがえます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ