iPhone8はカタログアプリに対応している?

iPhoneが普及した今、カタログがアプリとして配信されることが当たり前の時代になりました。何ページ分にもおよぶ商品カタログがアプリとしてiPhone8に取り込めるようになればものすごく便利ですよね。カタログアプリを日常で使いこなすコツについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

もはや暮らしの必需品!カタログアプリはこう使う

「どの商品を買おうかな……」と分厚いカタログといつまでもにらめっこする時代はもう終わりました。iPhone8でもカタログアプリに対応すると見られており、端末にアプリをインストールするだけでほしい商品を選ぶことができ、しかも気に入った商品があればワンクリックで注文できるのですから、まさに生活の必需品ですよね。オンラインで配信されるカタログを端末に保存しておけばオフライン状態でも好きな時に閲覧することができ、無線ネットワークでプリンターと連動させておけばとくに注目したい商品をプリントアウトすることも可能です。カタログから商品を選ぶ際には必ずサイズを確認しておきましょう。商品説明にはサイズや重量が記載されていますが、数字で見るサイズとカタログのサイズ感、そして実物の寸法とは体感的にも微妙に違います。カタログで家具などを注文する場合はとくにこの点を考慮し、見た目だけで商品を選ばないようにしましょう。

ビジネスでも必須ツール!企業にとってのカタログアプリ

カタログアプリは企業にとって必須のビジネスツールです。カタログアプリはもう、消費者だけのものではないのです。一般化しつつあるカタログアプリの活用法として、(カタログ商品とのタグ付け)があります。企業がカタログアプリに自社製品の画像を数枚アップし、その画像とカタログ商品の画像を結びつけます。ユーザーを自然な流れで自社カタログへと誘導できるという点で、企業側に大きなメリットがあります。企業にとって本当に見てほしいのはカタログの写真であり、カタログアプリにアップするのは、言ってみれば見本なのです。この手法は家電業界やファッション業界で広く使われており、今後主流になっていくと思われます。カタログを持たない企業も、カタログアプリで取得したアカウントに製品の画像を航海し、ショッピングサイトへのリンクを貼りつけることで同様の効果をあげています。カタログアプリで集客をはかるだけでなく、SNS上でフォロワーをひとりでも多く増やすことがビジネス成功の方程式となっています。消費者も企業の手法をよく理解したうえで、かしこく商品を利用しましょう。

カタログアプリの使い方はいたってシンプルです。iPhone8にカタログアプリをインストールするだけでその日から使えるので、iPhoneビギナーでも手軽にオンラインショッピングを楽しむことができます。カタログから商品を選ぶ際には必ず、サイズや重量を細かくチェックし、実物をなるべく具体的にイメージすることが大切です。カタログアプリの活用は企業にとってもひとつの生命線と言われており、オンライン上でいかに潜在顧客を囲い込めるかが生き残りを左右する要素とも考えられています。企業とユーザー。双方のメリットが合致したところにカタログアプリはあるのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ