【iPhone8情報先取り】アップル関連株で大儲け?

iPhoneは世界規模で与える影響力が大きい商品であり、全世界で使っている人がいる携帯電話で、普及率は確実に最上級の部類に入る商品です。そのため、新たに搭載されている機能や技術に関連している会社は注目度が一気に上昇します。
そこで、今回はiPhone8とアップル関連株についてのお話をさせていただきます。デイトレーダー以外の方も面白いお話となっているのでぜひともご覧ください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の影響力はどうなるのか

iPhoneとアップル関連株とのつながりは非常にシンプルです。精密機器であるiPhoneは自社製品ですべてをまかなうことなどは不可能で、いろんな機能や部品を外から取り入れることで完成されている商品となっております。その搭載された商品が非常に使い勝手が良く、完成度が高いとあらゆる人たちに認知されると知名度が一気に向上して商品価値も急速に上昇します。すると、その会社の株を求めて人たちが殺到し、一気に株価も急上昇するのです。
この考え方が株取引をしている人たち共通で、iPhoneに新しい機能が搭載される⇒商品化されてユーザーが触れる⇒非常に斬新で使い勝手が良く評判になる⇒その会社が有名になる⇒その商品が売れる⇒会社の価値が上がると考えられております。
そのため、投資家の人たちはまた噂段階で搭載されるかどうかも定かではない機能についても逐一確認して、正式発表後にすぐに動けるように準備をしておくことになります。

iPhone10周年の魅力は強く

アップル社は基本的に〇周年や××記念のような年は非常に魅力的な商品を発表したり、ユーザーの方々にとって驚きとなる新機能を紹介するなどして常に自社の魅力や能力及び社会的な位置づけを見せつけてきました。
その影響力は非常に大きく、そういう××記念や○○周年という言葉が付くときはデイトレーダーにも強い影響を与えます。実際に、2017年はiPhone初代発売からの10周年となっており、節目の商品として超進化を果たしたiPhone8が登場するとずっと言われ続けてきたので、アップル株も急上昇しております。
ここでiPhone8が製品として正式発表があったのなら、アップル関連株は軒並み高騰するだろうと専門家は読んでいるのです。これは素人の方々でもなんとなく推察できる未来予想といえるでしょう。

このように非常に期待されている2017年ですが、仮にこの期待に応えられない状況になってしまった場合は、反動が大きいと思います。2017年こそが10周年なので、iPhone8の発売が2018年にずれ込んでしまった場合、株価も落ちるという予想すらあるのです。期待にこたえ続けてきたからこそ今の姿がありますので、そこはアップルの底力を信じましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ