iPhone7と同様、iPhone8はヘッドホンアダプタが同梱されている!?

iPhone7から引き続き、iPhone8にヘッドホンアダプタが同梱されるとの噂が流れているのですが、真相はどうなのでしょうか。iPhone7から引き続き、iPhone8にヘッドホンアダプタが同梱されるとの噂が流れているのですが、真相はどうなのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8にはヘッドホンジャックがないiPhone8にはヘッドホンジャックがない

iPhone8というと3DセンサーやAR機能あるいはTouch IDの行く末など搭載される機能にばかり話題が集中しがちなのですが、実は超薄型となる構造でもイヤホンジャックが見あたりません。iPhone7で廃止されたイヤホンジャックがiPhone8でも復活しないとの噂の通りです。iPhoneで音楽を聞きたいと思っていたユーザーにとってイヤホンマイクが使えなくなる事で失望した人も多いのではないでしょうか。正確には廃止ではなくライトニングUSBに変わったという事なのですが、実際に3.5mmのライトニングUSBジャックアダプタが同梱されるとの見方がされています。なぜ急にそうなったかというとヘッドホンジャックはアナログ回線ですから、電子回線であるiPhone7では不具合が起きる可能性があったゆえにiPhone7の性能に合わせた形になります。iPhone8はご周知の通りワイヤレス充電機能搭載となりますから、従来のUSBアダプタも2018年の新モデルを最後に廃止となる見込みです。すでにUSBアダプタを購入・使用していたユーザーに配慮する形で、充電器に関してはライトニングUSB-Cケーブルが同梱される可能性が大きいというのも、旧iPhoneから新iPhoneに乗り換える際にわざわざ買い換える必要はなく、旧機種にも対応できるUSBが推奨されたゆえです。ヘッドセットに関してはワイヤレスヘッドセットエアポットがappleの直営店で購入できます。現時点ではLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタが同梱されるとの見方が一般的です。基本的にiPhoneを購入するとヘッドホンセットや充電用ケーブルおよびコンセントプラグが同梱されていますから、それに合わせた形になります。

iPhone7ではAppleオリジナルのヘッドセットが同梱されていた

一般的に100円市などで入手できる簡易ヘッドセットでiPhoneに対応していたユーザーが多かったはずです。オリジナルヘッドセットはたとえば学生にとって少少高値の製品だったはずですし、形も特殊ですからむしろ標準的で安価なヘッドセットの方が入手しやすいという状況もあって、安価なヘッドセットで代用されていたはずです。実際はさすがに安いものは安いなりですから、ios10にアップデートされたとたんに不具合を起こすようになっていました。そこでライトニングUSBが代用品として同梱されるようになったのです。ましてやiPhone8はios11にアップデートされていますから、安価なヘッドセットではほとんど役に立たない可能性があります。

ワイヤレスヘッドセットもオススメ

iPhone8にはライトニングUSB-Cタイプのコードが同梱される予定になっています。ワイヤレス充電機能が標準化される予定になっていますから、少しずつワイヤレスへ移行していく見込みですが旧タイプに慣れている人に配慮した形になります。そうなると充電している間は音楽が聞けない事になってしまいます。少少値がはりますがワイヤレスヘッドホンのエアポットなら充電中にも関わらず音楽も聴けますからおすすめです。

iPhone8にはライトニング3.5mmヘッドホンジャックが同梱されるようですが、次期製品からはワイヤレスへと移行していく見込みです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ