iPhone7sの手帳型ケースの特徴とは

自慢のiPhone7sをもっとクールに見せたいという人におすすめの手帳型ケース。カバーつきのため、傷つきやすく汚れやすい液晶画面をほぼ完璧にガードできるメリットがあります。シリコンなど、衝撃吸収性にすぐれた素材を選べば落下による本体の故障をふせぐことも可能です。カラーバリエーションも豊富でアクセサリーとしてもコーディネートを楽しむことができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

本をめくるように使えるコンパクトな手帳型ケース

手帳型ケースには画面保護のためのカバーがついており、文庫本をめくっているようにも見えることからブックタイプともよばれています。iPhone7sの画面をすっぽり覆うデザインのため、知らないうちにちょっとした汚れが画面に汚れがついてしまうこともありません。過去シリーズでも素材はバリエーションが豊富で、もっとも手頃なポリカーボネート素材から本格仕様の本革使用まで、幅広い価格帯から好みに合うものを選ぶことができます。端末を購入する前に自然なコーディネートを考えておくことが後悔のないケース選びのポイントです。

カラーバリエーションも充実の手帳型ケース

ただでさえ傷つきやすいiPhone7sを液晶画面までしっかり保護することができ、なおかつ画面汚れもふせげるところに手帳型ケースのメリットがあります。本体の背面であればそれ以外のケースでも守ることができますが、それだけでは画面割れを完全にはふせげない弱点がありました。端末を液晶画面まで見えなくする手帳型ケースならば落下による衝撃を最小限にとどめることができ、見た目にも「しっかり守られている」という安心感があります。さまざまな面ですぐれている手帳型ケースにもデメリットはあります。まず、カバーを閉じなければ収納できないため、ハードケースやソフトケースのように手軽にポケットにしまうというわけにはいきません。また、わずかな手間ではありますがその都度カバーを開けてから端末を操作することになり、急ぎの電話やメール、地図検索の際にはやや煩わしく感じられる部分があるようです。カバーのサイズだけ端末が大きくなるため、電車内などで片手で操作する場合は本体背面にまわしたカバーが多少邪魔になることがありますし、テーブルに置いて操作する時にもカバーの分だけ端末が分厚くなってしまうのが悩ましいところです。素材やカラーバリエーションは納得のいくレベルで、ビジネス用であればブラックなどの大人っぽいカラー、プライベートで使うのであれば幾分やわらかめのオフホワイトといった具合に、アクセサリーとしてカラーコーディネートがしやすいことも魅力のひとつです。

端末背面と側面しかカバーしないハードケースおよびソフトケースと違い、手帳型ケースであれば画面まできれいに保護し、衝撃や汚れから端末を守ることができます。カバーをつけはずしする多少の手間はありますが、それよりも保護性能とアクセサリーとしてのファッション性によるメリットが大きいということで幅広い世代から愛用されているようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ