防水・防塵に対してさらに強化されたiPhone7s

iPhoneを水の中に落として壊してしまった、砂浜で落として不具合を発生させてしまったという経験をしたことがある方は意外に多いのではないでしょうか。iPhone7から防水機能が備わるようになりましたが、iPhone7sはさらに防水性と防塵性が強化されるともっぱらの噂です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 > 防水・防塵に対してさらに強化されたiPhone7s

水没で生じるさまざまなリスク

実際にiPhone6までのモデルを使用していた方で水没させた経験がある方もおられるでしょうが、水没してしまうとさまざまな不具合が生じます。精密機械ですから水没したことで電源が入らなくなることも考えられますし、完全に壊れて動作しなくなるということも考えられます。

もっとも恐ろしいのは内部のデータがすべて消えてしまうことです。こまめにバックアップを取っているのならともかく、バックアップも取っていない状態で水没してしまうとすべてのデータを失ってしまう可能性すらあります。写真や動画などのデータはもちろん、連絡先やメモなどのデータもすべて失ってしまうかもしれません。実際にiPhoneを水没させて壊してしまったというユーザーは多いですし、データを失った方も決して少なくないのです。

iPhone7から備わった防水機能

他キャリアのスマホでは既に防水機能を備えたモデルも多数リリースされていましたが、iPhoneは7になってやっと防水機能が搭載されるようになりました。これによって水没したときのデータ消失、故障のリスクがかなり軽減されるようになったのです。

防水機能を採用したことで従来のイヤホンジャックは廃止されてしまいましたが、防水機能によって得られるメリットのほうが大きいためこれといってクレームなどには発展していないようです。それだけ多くのiPhoneユーザーが防水機能を待ち望んでいたということでしょう。iPhone7になってやっと採用された防水機能ですが、iPhone7sではその機能がさらに強化されるという話です。何でも防水だけでなく防塵機能まで備えるようですね。

iPhone7sで防塵機能も搭載

新たにリリースされるiPhone7sでは防水機能がさらに強化されるだけでなく、防塵機能まで搭載されると言われています。iPhone7の防水性能は日本工業規格、国際電気標準会議で定められる保護等級7級を取得しているためかなり高いですが、iPhone7sではそれよりも高度な防水性能を実現するのではないかと言われているのです。

注目すべきは防塵機能も搭載されるのではという噂です。防塵機能が備われば砂浜などでiPhoneが埋もれてしまっても故障する確率が低くなりますし、埃っぽい場所での使用も問題ありません。もちろん、絶対に防塵機能が備わるという確証はありませんが、防水性能の向上と防塵機能の追加がiPhone7sでは現実味を帯びています。

iPhone7sの防水性能がさらに高まり、防塵機能まで備わるとなればあらゆる環境下での使用が可能となります。あまり褒められた話ではありませんが浴室やプール、ビーチなどでも使えるようになりますし、今まで以上にiPhoneを便利に利用できるようになるのではないでしょうか。今から楽しみですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ