iPhone7sの追跡機能とは

iPhoneには追跡機能というものが搭載されています。普段は滅多に使わないかもしれませんが、iPhoneを紛失してしまった時にパソコンからGPSで探し出すということが出来ます。逆に便利すぎて怖い機能と考えている人もいますが、iPhoneを紛失しやすい人は設定しておくことをオススメします。今はiPhoneひとつで出来ることが多いですし、紛失したiPhoneを悪用されないためにも追跡機能は熟知しておいた方がいいでしょう。さて、2017年に発売が予想されているiPhone7sの追跡機能について予想してみたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

紛失時には落ち着いて行動しましょう

バッグやポケットに入れていたiPhoneを失くしたとなったら、頭が真っ白になってしまいますよね。パニックになってどうすればいいのか分からなくなる人も少なくはないでしょう。そこで役に立つのが追跡機能です。パソコンがあればすぐに紛失したiPhoneがどこにあるのかを調べることが出来ます。

パソコンを持っている方限定になるので万能とまでは言えないのですが、パソコンを持っていない人は紛失したiPhoneに電話をしてみるなど他にも対策はあるのでパニックにならずに落ち着いて出来ることを考えて下さいね。

iPhone7sではどんな追跡機能になる?

基本的に追跡機能に大きな変化はないと思います。iPhone7やiPhone7plusでは出来なかったことがiPhone7sで劇的に変わる! ということも恐らくないでしょう。追跡機能自体が大きな変化を持たさなくても十分に優秀な機能だからです。iPhoneユーザーで追跡機能を目当てに機種を変更する、という人は少ないと思いますので大きな変化があるとは思えない、と予想しておきます。

安全のためにも追跡機能は設定する

お年寄りや子供の安全のために追跡機能を設定する人も多いようです。むしろ追跡機能を利用している人の大多数がお年寄りや子供の安全のためではないでしょうか。別のiPhoneの追跡をするには設定からファミリー共有をするだけです。

iPhone7sでもこれは変わらないままだと思います。昔は子供にiPhoneや携帯電話を持たせるということはありませんでしたが、今は何があるか分からない時代なので子供にもiPhoneを持たせている親御さんは多いでしょう。新型の方が機能も使いやすいということが多いので、iPhone7sが発売されると若干便利になるかもしれませんね。ですが、あまり最先端を行きすぎると他のiPhoneに対応出来なくなるかもしれないというデメリットもあるので、やはり先述したように大きな変化はないと言えるでしょう。

今回はiPhone7sの追跡機能についての予想でしたが、簡単に言えば『変わっても大きな変化はない』ということでしょうか。改善されるとしても設定がしやすくなった、追跡画面が見やすくなった、程度のことだと思います。逆に予想出来るのは機能が簡単になることはあっても、難しくなることはないのでは…ということです。追跡機能は万人が設定しているものではないので、複雑化すると余計に使わなくなる人が出てくるからです。実際はどうなるか、iPhone7sの販売を楽しみにしていましょう!

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ