iPhone7sで簡易アクセスをするためには

iPhoneの機能は年々向上しています。現在ではiPhoneの液晶も少しずつ大きくなっており、特に今後発売が予定されているiPhone7sについても液晶の大型化がより進んでいくと考えられます。そのため、片手のみで操作することが難しくなる中、簡易アクセスの機能を使えばシンプルに片手でも使うことができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの簡易アクセス機能とはどんなもの?

簡易アクセスとはiPhoneならではの機能であり、画面が下半分に下がるという機能です。ホームボタンを知らない間に押してしまって画面の上部が真っ黒になってしまった、故障ではないかと勘違いする人も少なからずいるかもしれません。これは、iPhoneの画面が縦に長くなってしまったため、片手で操作することが大変になってきたことに起因する機能です。iPhoneを片手で扱うと、現在では親指でも画面の半分くらいにしか届きません。ですので、簡易アクセス機能を使うことによって画面が下がり、片手で操作ができるようになります。

iPhone7sで簡易アクセス機能を使うにはどうすればよいの?

iPhone7sにおいても、簡易アクセス機能を使うのは極めて簡単です。最初に設定されていますので、普段使うにはホームボタンを2度押しするだけで使用できます。ホームボタンを二度押しといいますが、力を入れる必要もなく、iPhoneの画面をタップするのと同じようにダブルタップするだけです。解除も簡単で、もう一度ダブルタップをすることで解除できますし、ホーム画面の場合は画面を一度上にスワイプするだけで使えます。アプリケーション起動中も簡易アクセス機能を使うことはできますが、解除するにはホーム画面に戻り、上にスワイプするかダブルタップする必要があります。

簡易アクセス機能を使わなくてよい、そう思ったらどうしたらよいの?

もともとiPhoneを両手で使う癖があったり、全画面でのゲームやsafariを楽しむなど、簡易アクセス機能はなくてもいい、むしろホームボタンを二回間違って押してしまって画面が下がるのに違和感があるという人もいるでしょう。そういう人はもともとある簡易アクセス機能が働かないようにすることができます。それは、設定から一般の順にタップし、アクセシビリティをタップします。そうすると、ズーム機能やグレイスケールなどいろいろなものがありますのでタップして下のほうに簡易アクセスという項目がありますので、オフにします。緑がオンで白がオフです。そうするといつも全画面でiPhoneを操作できます。

iPhone7sにおいても搭載されるであろう簡易アクセス機能とは、ホームボタンを二回押すことによってiPhoneの画面が下に下がって画面が下半分になるという機能です。簡易アクセス機能によって片手でもiPhoneを操作することが可能になりますが、設定によりそれ自体をオフにすることもできます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ