iPhone7sで使える?留守番電話サービス

メッセージアプリなどが盛んになっているので留守番電話サービスを使用する機会が少なくなっている昨今ですが、やはり留守番電話サービスにはニーズがあります。今後発売が予定されているiPhone7sにおいても同じように留守番電話サービスの機能がありますので、知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sにおける留守番電話サービスとは?

最近のiPhoneでは留守番電話サービスが無料で利用できますので、今後発売が予定されているiPhone7sについても同じようなことが言えると思われます。しかも申し込みは不要ですし、月額使用料も無料ですので、良く留守にしたり、メッセージアプリを使用し慣れていない人には便利な機能でしょう。

録音時間は3分で保存件数が30件あります。着信をお知らせする機能がありますので固定電話と同じように留守番電話がかかってきたことあわかります。しかしながら保存期間が72時間とそんなに長くないので、留守番電話が録音されているのであれば早めに聞いたほうが良いでしょう。

iPhoneでもっと留守番電話サービスを活用するには

もともとiPhoneを購入したときについてくる留守番電話サービスは、機能としては大変簡易なものです。そのため、ビジネスでiPhoneを使ったりする人には不向きと言えるでしょう。しかしながらiPhoneには月額使用料300円という安さで申し込むことができる留守番電話サービス機能があります。

この留守番電話サービス機能は申し込みが必要ですが、録音時間が3分と比較的長く、保存件数も100件とかなり使える機能になっています。保存期間が1週間になっていますので、不在しがちでなかなか伝言を聞くことができない人にも向いている機能です。あずかった留守番電話のメッセージを音声ファイルとしてiPhoneに配信してくれるビジュアルボイスメールもありますので、細かい文字を見るのが苦手な人にも向いています。

iPhoneの留守番電話サービス利用方法について

現在のiPhoneの留守番電話サービスの利用方法は簡単で、今後発売が予定されているiPhone7sについても同じような機能が搭載されると予想されています。

利用方法は極めて簡単でiPhoneを使っているTお電話アイコンに不在着信と留守番電話の件数が出てきます。この電話アイコンを押すと、留守番電話ボタンの前に新着の録音件数が表示されます。そして、留守番電話ボタンを押すと録音されたメッセージが表示されるので、そのメッセージを聞くだけです。それだけの便利な機能でかつ使いやすいのです。

さらに便利な点としては着信のお知らせがSMSで配信されますので見た目にもわかりやすくなります。

iPhoneにおける留守番電話サービス機能は、無料の簡易なものと有料のものがあります。月々300円の留守番電話サービス機能は、メッセージを録音することができたり、文字のメッセージを声で読んでくれたりするので便利です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ