iPhone7sでエクセルを使う方法

お仕事の場面ではエクセルを活用することも多いでしょう。エクセルといえばパソコンで操作をするというのが一般的な認識です。iPhone7sならば端末からエクセルを使うことができますので、臨機応変な対応や緊急時のために覚えておくと良いでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sでエクセルは使えるの?

iPhone7sでエクセルが使えるのかと疑問に思う方もいるようです。iPhone7でも実際にエクセルを使用することは可能でした。
そのため当然iPhone7sでもエクセルを使うことはできるでしょう。ただしiPhone7sでエクセルを使用する際には用途に応じて、アプリケーションのインストールが必要になります。

単純に閲覧するだけであればアプリケーションなどをインストールせず、タップでそのままファイルを開くことができます。
ただしファイルを開いても細かなセルの中身をチェックすることはできませんので、画面内に収まっている部分のみを閲覧するだけとなってしまうのです。

セルに入力された詳細を確認する時やセルの編集をする際には、必ずアプリケーションが必要になります。

目的によって使用するアプリが変わる

上記のようにiPhone7sでエクセルを使用する際には目的に応じてアプリケーションをインストールしなければなりません。
セルの詳細を確認する、または編集する場合にはマイクロソフトが公式に配布しているアプリケーションをインストールしましょう。

このアプリケーションをインストールすればエクセルを開き、詳細を確認することが可能になります。マイクロソフトが公式に配布しているアプリケーションであればエクセルを開いた際にもセルがずれて表示されるようなこともなく、エラーになってしまうこともありません。
アプリを使わずiPhone7sの端末でエクセルを開いた場合にはエラー表示になってしまい、文字化けを起こすこともありますので注意しましょう。

さらに、エクセルを編集したい場合には以下でご紹介する方法をステップに従って行ってください。

エクセルの編集をするなら公式への登録が必要

iPhone7sでエクセルを開きシートの編集をする際には、Microsoft でユーザー登録をする必要があります。
ユーザ登録にはID パスワードが必要ですので、必ず事前に登録しておきましょう。すでに登録をされている方は登録データを用いてiPhone7sでエクセルの編集をすることが可能です。

もちろんこの場合にもエクセルのアプリケーションが必要となりますのでiPhone7sにインストールしておきましょう。iPhone7sの端末からエクセルシートが編集できるようになれば、外出先でも簡単にシートを作ることができます。
もちろんセルがずれて表示されてしまうような心配もありません。iPhone7sであれば画面も大きく、操作がしやすい特徴を持ちます。

iPhone7sでエクセル操作を行うことができれば、万が一シートに間違いがあったと連絡が入った場面でもすぐに編集することができます。
また、時間がなくシートの編集ができない状況の中でも移動中などの時間を活用してエクセルシートの入力ができますので、会議に間に合わせることなどもできるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ