iPhone7sのドラッグ機能の利便性

今後発売が予定されているiPhone7sシリーズについては、幅広いドラッグアンドドロップ機能が使えるのではないかと期待されています。パソコンユーザーでしたらおなじみのドラッグ機能ですが、今後はiPhoneにも搭載されると思われますので、基本的な使い方についてマスターしておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドラッグ機能ってそもそもどんなもの?

パソコンユーザーにとってはドラッグ機能とはおなじみで、ドラッグアンドドロップともいいます。それは、マウスの左側のボタンを押したままマウスを移動させると、つかんでいたアイコンやファイルなどをそのまま移動させることができる機能です。ファイルをつかむことをドラッグ、つかんでいたアイコンを落とす機能をドロップと言います。それによりデスクトップ上の不要なファイルをゴミ箱に移動したり、データをファイルの中に収納することができるという、便利な機能です。これが今後スマートフォンにも広がっていき、iPhoneにも搭載されるのではないかと言われています。

ドラッグ機能がiPhoneに搭載されるのはいつになる?

ドラッグ機能がiPhoneに搭載されるのは、今年の秋くらいでは?と言われています。というのは、Apple社ではすでにドラッグ機能を使っていたり、今後のiPhoneではドラッグアンドドロップ機能が使えるというように発表しているからです。現在のところiPadに限定されているのですが、今後は広がっていくでしょう。特にiPhoneのOSであるiOS 11になると標準搭載でドラッグアンドドロップ機能があると思われています。今後発売が予定されているiPhone7sについては、明らかにあるとはされていないもののドラッグアンドドロップという新機能に期待が高まっているのが現状です。

ドラッグ機能があれば、どのようなことができるの?

ドラッグ機能があることで、ホーム画面のアイコンを簡単に自分の好きなように並び替えをすることができます。不要なアプリケーションは指先だけで削除することもできます。さらには、保存したい画像があれば指でドラッグするだけでファイルに落とすこともできますし、よりiPhoneでのいろいろな作業が指先だけで簡単にできてしまいます。ですので、ドラッグ機能の早期搭載が望まれています。パソコンユーザーにとってドラッグアンドドロップはとてもなじみのある操作ですので、新しくiPhoneに導入されたとしても、混乱することなく受け入れられるのではないか、と期待されています。」

ドラッグ機能とは、ドラッグアンドドロップでパソコンユーザーのなかではおなじみの機能です。iPhoneにおいては今後発売が予定されているiPhone7sに搭載されるのではないかと期待されています。もしドラッグ機能が有効であれば、指先だけでホーム画面のアイコンを好きに並び替えたり、落としたい画像があれば簡単にファイルに落とすことができるようになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ