iPhone7sの新ディスプレイはVR技術のため?

iPhone発売から10周年を記念する2017年は、もちろんiPhoneにとって特別であることは言うまでもありません。その2017年発売を予定しているプレミアム感満載のiPhone7sには、さまざまな機能が追加されるであろうとの情報が、当然のごとく飛び交っています。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sの新ディスプレイはVR技術のため?

iPhone7sにOLEDディスプレイは搭載されるのか?

そのなかで、ディスプレイについては、ついにiPhone7sのOLEDが搭載されるのではないかとの期待が高まってきているようです。OLEDディスプレイとは、有機EL、別名:有機エレクトロルミネッセンス(英名:Organic ElectroLuminescence,Organic Light Emitthing Diode)のことです。有機ELの特徴は、電流を流すと自ら発光することのできる性質を持った有機物質を応用させ、発光させる現象のことをいいます。従来のようにバックライトが不要なため、ディスプレイの極薄型化が実現しました。

そのOLEDディスプレイの搭載については、もともとiPhone7sを目指していたのではなく、2018年に発売されるiPhoneへの搭載の予定だったそうです。それが、Apple社がサプライヤーに前倒し可能であるかどうかのヒヤリングを行っていたことが明らかとなり、今では2017年発売を予定されたiPhone7sに導入するのではないかという話題が定説になったようなのです。

では、iPhone7sにOLEDディスプレイを搭載させる理由とは?

そしてOLEDディスプレイの役割は、今回、解像度をアップさせるためだけの目的ではなく、なんとVR(仮想現実)へ応用させるためではないかとの観測が登場してきたんです。確かに現在VRは、Apple社での開発が続けられているようですし、今後のiPhoneでの採用といううわさですが、これは信ぴょう性が高そうですね。

画質の高解像度が期待される4K OLEDディスプレイですが、サムスンはそれを5.5インチパネルでの実現を目指すべく開発を行っているとのこと。2017年から生産は開始、その翌年にはスマートフォンへの搭載が始まるのではないかと言われていましたが、それが2018年に発表予定のiPhone搭載への実現の可能性がかなり高いとの情報が新たに流れてまいりました。

そしてこの4K OLEDディスプレイを採用させる理由は、ただiPhoneの画質向上のためではなく、いわゆるVR技術に応用するためなのではないかとのことなんです。なぜなら、4K OLEDディスプレイは実はVR技術に特化したパネルとされているからなのです。それにVR製品をめぐっては、大手の企業たちが開発競争を加熱させている現状をみてもわかる通り、iOSが放っておくはずがありませんよね。つまり2017年のプレミアムモデルとしてOLEDディスプレイがiPhone7sへの採用が見込まれているわけは、今後のVR搭載を目標としており、技術開発を促進させるためなのかもしれません。また、iPhoneをVR用のディスプレイになってくると、アクセサリについても色々展開がありそうで、その点からも今後の情報は気になるところですよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ