iPhone7sの指紋認証は浮気や不倫がバレやすい?!

Apple社が発売し、世界中での人気を誇るiPhoneシリーズ。iPhoneではiPhone5s以来、指紋認証(Touch ID)が取り入れられ、都度パスワードを入力する手間を省きながらiPhoneのロックを解除できる方法として、多くの人々に便利さを提供しました。そのため、iPhone7やiPhone7 plusの後継機として発売予定のiPhone7sでも、指紋認証は継続して採用されると噂されています。

 

また、iPhone7sで発売される際に搭載される指紋認証には、iPhone7同様に指紋を登録するだけでiPhoneのロックを解除出来るだけではなく、アプリや音楽を購入する際での認証にも使えます。多目的で利用できるiPhoneの指紋認証は、今や多くのユーザーに無くてはならないものと言っても過言ではないでしょう。

 

発売予定のiPhone7sに搭載されると噂の便利な指紋認証は、センサーの読み取り技術も初期のiPhone5sより飛躍的に進化して誤作動も減るため、より使いやすい仕様になりそうです。今や鉄壁のセキュリティを誇ると言われるiPhone7sの指紋認証ですが、実はこの指紋認証という方法は浮気が発覚しやすい、という話もあるようです。一体なぜiPhone7sの指紋認証では浮気が発覚しやすいのでしょう?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sの指紋認証で浮気が発覚しやすい理由とは?

そもそも指紋認証とは、ユーザーの指紋を登録してiPhoneのロックを解除できる便利なシステムです。確かに、指紋は一人一人違いますから、暗証番号のように盗むことが出来ないため、一番セキュリティが高いと思われがちです。

しかし、ユーザーが寝ている間に、ユーザーの指をiPhone7sのホームボタンに押し当てられたらどうでしょう?そう、簡単にiPhone7sのロックは解除されてしまうのです!これは単にiPhoneに限った話ではなく、指紋認証を採用している端末であれば、どれも起こりうるリスクと言えますね。

知らない間にiPhoneのロックを解除された例としては、「ソファーにうたたねしている間に、奥さんや恋人にこっそりiPhoneのホームボタンを押し付けられ、iPhoneを解除された」「泥酔した帰ってきたときに、指をスマホに押し付けられ、奥さんや恋人にメールを盗み見られた」などの実例が多く見受けられます。iPhone7sでの指紋認証は確かに便利ですが、このようなリスクもあることを念頭に入れないといけないとは、少々残念ですね。

iPhone7sの指紋認証にはこんなリスクも!

実はiPhone7sに限った話ではありませんが、指紋認証には浮気の発覚以外にも、子供による不正使用リスクも発生することがあるようです。実例を挙げますと、子供が父親の寝ている間、父の指を使ってiPhoneのロックを解除し、携帯ゲームで遊んでいたそうです。そのゲームでの請求額が高額になり、携帯料金が請求された際にはじめて発覚した!ということがあったようです。子供の携帯ゲーム課金が社会問題になりましたが、指紋認証にはこうしたリスクもありそうですね。

iPhone7sでの指紋認証ロックを不正使用されにくくするには

それでは、iPhone7sでは指紋認証を使用しなければ良いのでしょうか?実は、iPhone7sでの指紋認証を利用しながらも、他人に不正使用されにくくする方法もあります。それは指先以外の場所で登録する方法です。ほとんどの人が指先で登録しますが、このように別の部位で登録することによってiPhone7sでの不正使用がされにくくなります。

div class=”wrp”>

また、ユーザーが眠る前には、必ずiPhone7sを再起動するようにする、という方法もあります。iPhone7sを再起動しておくと、再起動後は必ずパスコードの入力を求められますので、パスコードが分からない相手には簡単にロックを解除できません。iPhone7sを再起動するには、ロックボタンとホームボタンを長押しすれば良いので、ロックを不正に解除されそうな方は試してみてはいかがでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ