iPhone7sは折りたたみが可能なディスプレイ素材を使用?!

2017年の今年はiPhone発売から10周年を記念した、iPhoneにとってはプレミアムな年となっています。iPhoneのファンにとっては、期待の高まる次期iPhoneである通称iPhone7s。デザインや機能は一新されるといううわさもまことしやかに囁かれてきましたよね。その中でもOLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)の搭載については、あちらこちらで何度も繰り返し聞かれてきた情報です。iPhone7sへの搭載は確実ではないかという予測のあるなか、iPhoneにとって2017年は「OLED元年」とも言われるようになったようです。そしてそのうわさを踏まえて、やわらかく柔軟性があるため折りたたんだり巻いたりすることのできる「フレシキブル・ディスプレイ」が、早ければ来年にも市場に登場する可能性が出てきたとの観測があるようです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sは折りたたみが可能なディスプレイ素材を使用?!

柔軟性のあるフレシキブル・ディスプレイとは

リサーチ企業であるHISのアナリスト、Jerry Kang氏によると、フレシキブル・ディスプレイを搭載した折りたたんだり巻いたりできるOLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)をともなった、さまざまなデバイスが市場に登場するだろうとの観測を報告したとのこと。現在スマートフォンを扱った各社がこぞって、折りたたむことのできるスマートフォンサイズのタブレットの開発を試みているとのこと。

OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)とは、電圧をかけると自ら発行することができるという特徴があります。そのためにバックライトが不要なため、薄型化することができ、従来の液晶ディスプレイに比べると自由が利きます。そのために本体の形状にディスプレイを合わせることができることはもちろん、ユーザーが自分の好みの形状にデバイス自体の変更ができるといった、幅広い可能性が出てきたと言えるかもしれません。Jerry Kang氏はプロダクト・デザインに革命をもたらすだろうとして期待感を膨らませているようです。

サムスンはフレシキブル・ディスプレイを採用? ではiPhone7sは?

サムスンの情報としては、以前巻物のようなAMOLEDディスプレイの披露を行っていましたが、まるで紙のようなディスプレイを紹介したLGも、2017年にスマートフォンに搭載するつもりでいるとのことのようです。

ではiPhone7sはどうなのかということにはなるのだが、Jerry Kang氏はiPhoneについては何も語ってはいないようです。ただ折りたたむことのできるディスプレイにタッチパネルが搭載されるかというと、それには少し技術的な問題があるようです。

その辺りから推測すると、Apple社がiPhone7sのためにせっかく開発したとされる3D Touchを可能にする触覚フィードバック機能という新技術を捨ててまで、今回の折りたためるiPhone7sにこだわるとは思えないとして、これまでのうわさ通りの全面ガラス製のボディデザインとなる見通しのようです。

しかしこれからフレシキブル・ディスプレイが台頭してくることは、容易に想像できます。いずれ、柔軟性のある自由自在のディスプレイが当たり前の時代へと突入するのは、そう遠い未来の話ではないということですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ