話しかけなくても大丈夫!? Siriと文字で会話する裏ワザ

便利なSiriですが、なかには「人前で話しかけるのは抵抗がある」という方もいるのでは?
このページでは、最低限の発声でSiriと会話できる裏ワザをご紹介します。これからiPhone7を購入予定の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

編集機能でSiriが返答してくれる!

この裏ワザを利用するには、たった一言声を発する必要があります。言葉は何でもOKで、極端にいえば「あ」だけでも構いません。トイレや部屋の隅など周りに自身の声が聞き取れない場所に行き、Siriを起動させたら一言「あ」と声をかけましょう。

するとSiriから「すみません、聞き取れませんでした。」などと返答があるので、右上の「あ」をタップして編集モードにします。編集モードにすると画面下にキーボードが表示され、「明日の天気は何?」、「今日は暑い?」など自身の質問したい内容を入力することができます。たとえば「明日の天気は何?」と尋ねていれば、発声したときと同様Siriが「晴れ」、「雨」など返答してくれますよ。

この機能は本来、発声が正しく読み取ってもらえなかった場合に活用するものですが、このように「発声したくないから」という理由で利用することも可能です。
ちなみに、同じ言葉を立て続けに入力することはできないので、もし同じ言葉を入力して楽しみたいなら読点を入れたり、語尾を少し変えたりと工夫しましょう。

裏ワザを使ってiPhoneを楽しもう

iPhoneの便利機能のひとつであるSiriは、人前で喋ることが苦手な方でも、工夫次第で問題なく利用することが可能です。この機能はこれから発売予定のiPhone7には、さらに使いやすい機能が備わっているかもしれません。iPhone7の発売が待ち遠しいですね。

外でくつろぐ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ