iphone7に機種変更する前に

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphoneを購入の際はストレージ容量もポイントに!

現行モデルの6s/6s Plusで提供されているストレージ容量は、16㎇、64㎇、128㎇の3モデルですが、iphone7ではiphone史上初となる256GBモデルが追加されるのではないかという予想があります。iphoneを購入するときのポイントの一つとなるのが、内臓ストレージの容量ですね。

容量が大きいほど音楽や動画、アプリなどのデータ保存も多く出来ますので便利と言えます。スマホと違ってiphoneはmicroSDカードのように外部ストレージの利用が出来ないことから、選ぶ際は大きい容量のモデルをお勧めします。とは言うものの、ストレージ容量の大きさに比例して価格も高くなります。

機種変更前の準備

写真や動画データなど、機種変更後にも必要なデータはパソコンなどに取り込むなどしてバックアップを兼ねて整理しておきましょう。移行するデータは少ないほど時間も少なくて済む上、データが破損などの不具合を引き起こす可能性が減ります。またiphoneの空き容量が増えると、バックアップに要する時間も短くて済み、新しいiphoneへのデータ移行時間の短縮に繋がります。iTunesの「バックアップの暗号化」機能を使うと、メールアカウントなどのパスワードも次のデバイスに復元することが出来ます。

iCloudも使用出来ますが、バックアップ出来る情報が限られてしまいます。LINEはバックアップが取れませんので、旧端末にて引き継ぎ設定をしておかなければ同一アカウントを利用出来ません。「メールアドレス登録」機能を使うと、機種変更や電話番号を変更しても、友達・プロフィールなどのLINEアカウント情報を引き継ぐことが出来ます。

楽しくゲーム

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ