時と場所で予定をお知らせ! 日時設定いらずの“リマインダー”

予定のうっかり忘れを防止できるiPhoneのアプリ、リマインダー。このページでは、生活に役立つこのアプリの機能や使い方をご紹介します。iPhone7にも引き続き搭載されるかもしれませんので、iPhone7に興味がある方も、ぜひご覧ください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

日時と場所の2通りで予定を設定できる

リマインダーアプリは、指定した時間が来たり、指定した場所に訪れたりすると予定を知らせてくれるスケジュールアプリです。設定の仕方は2通りあり、最も簡単なのはSiriに話しかけて設定する方法です。Siriの画面を表示し、予定を話すだけで登録できます。

もう一つは、リマインダーアプリで登録する方法です。この場合は、まずアプリを起動し、新規リストの項目にある+ボタンをタップします。次にリストのタイトルを入力し、タイトルの色を設定します。タイトルが入力できたら右部分にある完了ボタンをタップし、予定を入力していきます。予定は、タイトルの下をタップすることで入力できます。

予定が入力できたら、iマークをタップします。ここでは詳細設定が表示され、日時指定をするのか場所指定をするのかを選べます。日時を選択した場合は日付や時間を、場所を選択した場合は施設名や住所を登録することで、予定が設定できます。

予定によって指定の仕方を使い分け

予定の内容によって、日時指定か場所指定かを分けることができるリマインダーアプリ。機能の使い方をマスターすれば、毎日の予定をサクサクこなすことができます。
iPhone7に搭載されるバージョンでは、さらに機能がアップしているかもしれませんね。

キーボードと携帯

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ