特許技術を使いスペックを向上させるかもしれないiphone7

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

どんなスペックになるのか注目されるiphone7

スマートフォンを使っている方の中には新しいモデルが発売されたとき、どんなスペックになっていてどのようなことができるのか注目される方が多いと思います。そのモデルが長い歴史のある、多くのユーザーを持つ製品なら、それだけ注目されていますから尚更だと思います。

今年の9月に新モデルとなるiphone7の登場が予想されているiphoneシリーズも、初代モデルが発売されてから間もなく10年という長い歴史のある、日本だけでなく世界中に多くのユーザーを持つシリーズですから、先代モデルの6sからどのような点が進化してどんなスペックとなっているのか、多くの方が注目されています。

様々な特許技術でスペックを向上させる可能性もあります

iphone7のスペックについては、発売まで3ヵ月を切り、様々な情報が流れています。先々代の6から6sへのモデルチェンジの際には、2倍となる2GBのシステムメモリやCPUの処理速度が70%、GPUの処理速度が90%向上したA9チップ、新たな画面操作方法となる3D touchの搭載など大幅に向上したスペックで大きな話題となりました。

そんな6sの後継モデルですから、それを超えるスペックとなる予想する情報が多いですね。しかしAppleは、6まではずっと1GBのシステムメモリを維持し、様々な特許技術を駆使してスペックを向上させてきました。ですからiphone7では、処理速度に関しては大幅な向上は無くとも、特許技術を駆使してスペックを向上させる可能性も十分にあります。

地図とアイフォン

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ