iPhone7sとiPhone8の価格は高騰するってホント??

iPhone7の後継機種として2017年に発表・発売が噂されているiPhone7sとiPhone8。iPhone7より多くの新機能が搭載されるため、なんとその価格はiPhone7やiPhone7 plusよりも高額になると言われています。特にiPhone8は高額化が激しく、なんと12万円を超える可能性もあるようです。12万円を超えると、かなりのiPhoneユーザーも発売されても購入を躊躇してしまうのではないでしょうか?しかし、本当にiPhone7sやiPhone8の発売価格は高騰するのでしょうか?その真偽は定かではありませんが、価格高騰の根拠は存在するようです。一体なぜiPhone7sやiPone8の価格は高騰してしまうのか、その根拠を確認してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sとiPhone8の価格高騰説の根拠1:有機ELディスプレイの搭載

iPhone7sやiPhone8の発売時に導入されると噂されている「有機ELディスプレイ」。この有機ELディスプレイには多額の開発費や材料費が投入されるため、どうしてもiPhone7sやiPhone8の発売価格に上乗せせざるを得ないから、という説があります。

そもそも、このiPhone7sやiPhone8に導入されるであろう「有機ELディスプレイ」とは、有機物の発光体に電流を流すと発光するという技術を応用し、ディスプレイに電圧を掛けて発光させるという技術をいいます。この有機ELディスプレイは、今までスマートフォンに利用されている液晶ディスプレイに比べると、消費電力が小さく応答速度も速くなるなど大きなメリットがあります。

しかし、iPhone7sやiPhone8の発売日までに部品を調達することが難しいうえ、技術面でもより良いものを提供したいApple社の間で開発費も嵩んでしまい、どうしても低価格での提供は難しいのではないか、と言われています。但し、技術革新が進むことで同じ技術でもより低価格で提供されるようになることは、液晶テレビでも明らかですので、今後は低価格でもこの有機ELディスプレイが搭載されたiPhoneも安くなるかもしれません。

ただ、それまでには長い時間と研究コスト、そして材料の調達コストが掛かることは否めません。そのため、2017年に発表・発売されるといわれるiPhone7sやiPhone8の発売価格は高騰するのではないか、と囁かれているのです。

iPhone7sとiPhone8の価格高騰説の根拠2:認証システムの改良

iPhone7sやiPhone8には指紋認証だけではなく、虹彩認証でも認証できるようになる、という噂があります。しかも指紋認証システムは、今まではスマートフォン本体のある一点でのみ認証可能でしたが、発売予定のiPhone7sやiPhone8では、スマートフォン画面のどの部位でも指紋認証が出来るようになる、という仕様になるようです。更に認証する感度も向上させるため、何度も指を押し付ける必要がなくなります。これは便利ですよね。

更に虹彩認証が可能になれば、手袋や濡れた手であっても虹彩で認証出来るため、どんな状態でも楽に認証が出来るというメリットがあります。この認証システムの改良にも、多大な研究コストや製造コストが掛かりますので、それらをiPhone7sやiPhone8に転嫁せざるを得なくなり、発売価格が高騰する、という説です。

その他にも様々な新技術の投入が検討されていますので、更に研究費や開発コスト、材料費は高騰しますので、iPhone7sやiPhone8の発売価格が高騰するのもやむを得ないのかもしれません。iPhone7sやiPhone8の販売はおサイフには厳しくなる可能性がありますが、Apple社からの正式発表では低価格で提供して貰えることを祈るばかりです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ