iPhone7sのカメラ配置が縦になる?

iPhone7sの発売が今から待ち遠しいと感じている方は大勢おられると思いますが、そのiPhone7sに搭載されるカメラの配置が縦になるという噂もありますよね。果たして本当にそんなことになるのか、ここで検証してみたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 > iPhone7sのカメラ配置が縦になる?

これまでのカメラの配置

今やスマホに欠かせない存在となったカメラ。ガラケー時代から当たり前のように搭載されていたカメラですが今ではその性能もかなりアップしていますし、へたなデジタルカメラよりもキレイに撮れることもあります。これまでのiPhoneだと本体裏面の左上部にレンズが配置されていましたよね。

ここしばらくずっとこの位置でレンズが配置され、その隣にフラッシュが配置されていました。それが7sになると縦になるのでは、と噂されています。実際のところどうなのかは今の段階でははっきりと分かりませんし、情報もそんなに出回っていませんがこの位置から大きく変化させるメリットはあまりないでしょうし、レンズとフラッシュを縦に配置する意味もそれほどないように思います。

あまり意味がないことはしない

カメラのレンズを縦に配置するのではという噂があるのは事実のようですが、正直どこから出回った噂なのかまったく不明です。また、先ほどもお話したようにカメラとフラッシュを縦に配置するメリットは多くないと思いますからそのような意味のないことをアップルがするとも思えません。

これまでにiPhoneにはさまざまな変更点が加えられてきましたし、その都度進化してきました。些細なことでもきちんと意味があることでしたし、まったく意味のないことはしなかったはずです。ここへきて意味のないカメラ配置の変更などをするとは少々考えにくいのではないでしょうか。もちろん、背面のデザインを考えて変更する、設計上移動せざるを得ないということになる可能性はありますが、現段階ではあまり現実的とは言えない気がします。

恐らく現状維持ではないか

iPhone7sのカメラの配置ですが、恐らくは現状維持のままではないでしょうか。縦に配置してもさほどメリットを得ることができませんし、縦に配置するということは現行モデルであるiPhone7のケース、カバーも使えなくなってしまいます。そこまでする意味が果たしてあるのかということですよね。

カメラの位置が絶対に変わらない、と断言することはもちろんできませんが、現状ではそのままだと予想できます。情報が極端に少ないため断言ではできませんが、そこまでする意味がない以上アップルが敢えてそのようなことをする理由が考えられません。しばらくは今のカメラ位置のままいくのではないかと考えられます。実際、カメラの配置が縦になってもユーザーにメリットも何もありませんし、ケースやカバーが使えなくなるというデメリットしかありません。

iPhone7sのカメラの配置について予想してみました。実際のところは発売されてみないと分かりませんが、今のところはこれまで通りの位置でいくのではないかと考えられます。実際に発売されて縦向きになっていればそれはそれで面白いですけどね。ただ、何度も言うように大したメリットがありませんから敢えてそれを実行する理由はないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ