いよいよあの技術がiPhone7sに搭載?!

すでにさまざまな新機能についての情報が流出しているiPhone7s、発売予定の2017年はiPhoneの誕生から10年、スティーブ・ジョブズがApple社に復帰して20年という記念すべき節目になります。そのため、2017年に発売予定のiPhone7sは外観を含むすべてに対してメジャーアップデートが行われるのではと言われています。それを裏付ける事実として、各方面のサプライヤーではiPhone7sには曲面ガラス(3Dガラス)が搭載されることはほぼ間違いないとしています。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  いよいよあの技術がiPhone7sに搭載?!

iPhone7sで有機EL(OLED)採用の可能性は?

すでに発売されているiPhone7において、その前機種であるiPhone6sからのモデルチェンジがほとんどなかった理由のひとつに、2017年に発売されるiPhone7sを「真打ち」として登場させたい意図があるから、という説があります。現在出回っているリーク情報や各アナリストの予測を分析統合すると、iPhone7sはOLED(有機EL)ディスプレイを採用し、ワイヤレス充電機を搭載、ボディもガラス製(セラミックとの混合?との説あり)になるということです。ディスプレイのOLED採用については、以前からスマートフォン業界では期待されていたことなのですが、OLEDの製造コストが液晶ディスプレイに比べて高額になるため大量生産がそれほど積極的に行われていませんでした。OLEDディスプレイは、画面の質を向上させるだけでなく、べゼルフリー(画面の枠なしということです)で画面ぎりぎりまで操作を可能にさせるという利点があり、すでにサムスンのGalaxyS7などの曲面ディスプレイを搭載しているスマートフォンでは採用されています。そんななか、OLEDの技術開発の成果として、低コストのOLEDの製造が可能になったという報告があり、次年度以降の製品化に向け各サプライヤーが製造体制の強化に乗り出しているようです。年々増す一方のスマートフォン市場の成熟化に伴い、Apple社としてはライバル社からの乗り換え需要を狙う意味で、次期リリースモデル(iPhone7s)でのOLED採用の線は濃厚と見られます。さらに、それが曲面ディスプレイになる期待も高まっていました。

iPhone7sはディスプレイだけでなくボディもガラス製?

ライバル社に対抗した曲面ディスプレイ採用の噂が流れるなか、Apple社製品のリーク情報にくわしい@手机晶片达人氏は、中国のSNS・微博で、「iPhone7sは100%、外形全体に3Dガラスが用いられる(金属ボディはバイバイ)」と語っており、ボディ全体も曲面ガラスで覆われるということがほぼ確定だといいます。さらに同氏は、iPhone7sに使用されるガラスのサプライヤーが伯恩光学、蓝思科技、そしてFoxconnの3社になることも決定していると報告しています。@手机晶片达人氏は、以前もiPhone7に防水機能が付与されることや、iPhone7 Plusにデュアルカメラが搭載されることを誰よりも早い段階でレポートしていただけに、今回の内容の信憑性も高いと見られています。

2.必要事項を入力しましょう

次に電話番号の入力画面になります。元々のSoftbank ユーザーの場合はiPhone7sへの「機種変更」ですので、電話番号のみの記載で終了となります。但し、「新規契約」や「のりかえ」の方の場合、①契約者氏名(漢字+カタカナ) ②生年月日 ③日中連絡先の電話番号 ④E-Mail Addressが必要になりますので入力しましょう。これでiPhone7s発売前の事前予約の入力は一旦終了です。このあたりの必要事項はコピペすると時間短縮が出来、素早く予約することが出来ます

iPhone7sが、全面ガラス張りのボディになるということから、金属ボディに見られたアンテナラインも完全になくなってしまうと予測されます。その場合、一体どのような形状でアンテナラインをつくるのでしょうか?iPhone7s は記念すべき2017年のプレミアムモデルとなるだけに、そのデザインや機能にはますます期待が高まります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ