iphone7のCPUはどこで製造されるか?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone6sのCPU問題は記憶に新しいです

メーカーによってはバッテリーの消耗率が上がってしまいました。iphone7では6sと同じような問題が起こってしまうということを考える方は多くいます。iphone7では6sであったメーカーによっての当たり外れがないです。6sでバッテリーの消耗が激しくなったメーカーのCPUを使わないだろうとアナリストが予想をしています。

アップルユーザーとしてはTSMCからCPUの提供が100%なら嬉しい限りです。一社に絞ることにより失った信頼を取り戻す一つの切っ掛けとなります。iphone6よりも7の方が期待されている度合いが高くなっています。iphone7で使用されるA10は6コアという予想はされているのですが、A9と同じくA10はデュアルコアか6コアのどちらかになるのか現在のところ分かっていません。

はっきり分かっていることはiphone6sであった当たり外れのある物にはならないということだけです。A10が6コアになるとしたら、今までよりスムーズになってくれます。ここで問題となってくることは、発熱や消費電力の多さです。これらの問題が解決できないようならば、ユーザーから不評を買う材料となる恐れがあります。

A10はマルチスレッド処理性能を向上することで発熱問題を解消できるようです。最新機種ではユーザーの不満をほとんど解消しているようです。アップル社から発表される情報の発表がされれば、リークされた情報の真偽が判明します。

アイフォンをさわるひと

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ