iphone7のCPUはA10になる予定

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone6sからのグレードアップ

iphone7に搭載の予定となっているA10というCPUは、iphone6sには搭載されなかったタイプのものとなります。
iphone6sではA9というタイプのCPUが採用されており、今回iphone7に搭載の予定となっているCPUに関しては、ここからグレードアップされたものであると考えて間違いはないでしょう。

前回のiphone6sに搭載されてあったA9も良いCPUでしたが、今回のA10はA9よりも性能はよいということで、iphone7もかなり使いやすい機種になっています。
操作感覚がとてもスムーズになり、ユーザーがスマートフォンを操作している中で感じられるストレスがかなり軽減されます。

バッテリー駆動時間にも注目

今回のiphone7に採用されるCPUは、性能がよいだけではありません。
バッテリーの使用量もかなり抑えられていることから、操作感覚が向上していながらバッテリー駆動時間が保たれるというよい結果につながるとの情報もあります。

この問題に関しては、CPUをどのメーカーから調達するのかという問題にも発展します。
前回の機種であるiphone6sでは二つのメーカーから採用していましたが、今回は一つのメーカーからの採用となるそうです。

メーカーが決められているだけではなく、そのメーカーもバッテリー駆動時間に関してはかなり重視していることが知られているメーカーであるため、ユーザーはバッテリーの消耗をあまり気にしなくてもよくなることが想像されます。

女性

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ