出欠依頼・確認もできる! カレンダーアプリの活用方法

iPhoneのカレンダーアプリには、イベントの出席依頼を送ったり、それに返信したりする機能があります。このページでは、iPhone7でも搭載されるであろうカレンダーアプリの活用方法について紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME >  iPhone7予測情報  > 出欠依頼・確認もできる! カレンダーアプリの活用方法

カレンダーアプリの機能と使い方

カレンダーアプリは、イベントのスケジューリングをしたり出席依頼を送ったりと、ビジネスやプライベートに役立つアプリです。このカレンダーアプリを使用するには、まずiCloudのカレンダー機能を有効にしておく必要があります。iCloudの設定を終えたら、イベントの新規作成を行ったうえで出席依頼を送っていきましょう。

カレンダーアプリを起動し、“新規イベント”を作成します。具体的な日時を設定した後、画面下部にある“予定出席者”の項目を選択して“+”マークのコマンドをタップします。次に“すべての連絡先”一覧から、招待する人の連絡先を選択し、“完了”ボタンを押すと出席依頼の送信が完了します。

出席依頼に返信する場合は、まずアプリを開いて“出席依頼”の項目をタップします。画面の“新規タブ”に表示されるイベントの概要を選択し、詳細を確認してから画面下部の“出席”、“仮承諾”、“欠席”のいずれかをタップします。これで、出席依頼への返信は完了です。

送信した回答を変更する場合は、“返信済み”のメニューバーを選択しましょう。そこから、回答の変更を行うことができます。

手間をかけずにサクッと企画できる

いかがでしたか。このカレンダーアプリ機能を使えば、面倒で手間がかかるイベントの出席依頼や送信も楽に行うことができます。iPhone7では、こうした機能の精度もさらに向上するのではないでしょうか。iPhone7の登場に、期待が高まるところです。

サングラスの男

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ