iPhone7sやiPhone8に搭載されると噂の虹彩認証システムとは?

現在発売されているiPhone7やiPhone7 plusで搭載されている、指紋認証システム(Touch ID)。iPhoneで採用されている指紋認証システムは、従来のパスコードを入力する方法より、ホームボタンに指を置くだけでiPhoneユーザーを認識できることから、非常に手軽な方法として多くのユーザーに受け入れられてきました。

 

しかし指紋認証システムには、手汗をかいている場合や、ハンドクリームを塗った指、手荒れで指紋が読み取れない場合や、ホームボタンの傷などにより指紋認証ができないという問題もありました。また、高いセキュリティレベルを誇っているにもかかわらず、iPhoneユーザーが寝ている間に指をホームボタンに置かれ、セキュリティを突破されてメールを盗み見られるということも多発しました。そのため、指紋認証システムを更に強化し、高いセキュリティレベルを保てる新たな認証システムは、Apple社にとっても急務と言っても過言ではありません。

 

そんな中、iPhone7やiPhone7 plusの後継機として囁かれるiPhone7sやiPhone8では、指紋認証システムに変わり、顔認証システムや虹彩認証システムが搭載されるのではないかと噂されています。今回は、そもそもiPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムとは何かを検証してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムとは?

iPhone7sやiPhone8など、iPhone7の後継機種に搭載されると噂の虹彩認証システムとは、生体認証の1つであり、人間の目の虹彩を高解像度の画像に取ることで、虹彩の中に含まれる情報をパターン分析することで認証を行う技術をいいます。iPhone7sなどで採用される虹彩認証は、わずかな赤外線を目に照射し、撮影した画像をデジタル変換することで数字的処理を行い、人間の持つ固有な特徴を分析することでターゲットとなる人間の虹彩と照合することになります。

iPhone7sに搭載されると噂の虹彩認証システムの利点とは?

このiPhone7sなどに採用されると噂の虹彩認証システムの認識力の利点は、メガネやコンタクトをしていてもほとんど誤認証を起こすリスクはありません。また、目に外傷を負ってしまわない限り、老化など時間の経過に関係なく認証できる方法として、一生利用することができるようです。更にiPhone7sなどで虹彩認証が採用されれば、指紋認証のように冬の寒い時期でも手袋を外して認証しなければいけないこともありません。また、目以外の体の部位の損傷には全く影響を受けませんし、寝ている間に勝手に認証され、iPhone7s内のメールを盗みられることはありません。非常に高いセキュリティが図れそうですね。

また、iPhone7sで虹彩認証システムが採用された場合は、数メートル離れた地点から虹彩認証することも出来ます。そのため、指紋採取や網膜スキャンなど何らかの機械にわざわざ触れて認証する手間も省けますし、指や目を機械に読み取らせている、という心理的な壁も低く抑えることが出来ます。

虹彩認証システムは、虹彩の直径のデジタル写真が200ピクセルであれば、指紋と同じ程度に識別することができるようです。かなりの高識別率を誇りつつ、しかも一生変わらない虹彩のパターンは採用されれば、iPhone7sのセキュリティ向上に大いに貢献しそうですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ